新しいものづくりがわかるメディア

RSS


HATサイズに8入力/8出力搭載——Raspberry Pi用デジタル入出力拡張ボード「RPi-GP10」シリーズ

ラトックシステムは、HATボードサイズに8入力/8出力を搭載したRaspberry Pi用デジタル入出力拡張ボード「RPi-GP10」シリーズを2018年3月下旬に発売する。

RPi-GP10シリーズは、Raspberry PiのGPIO 40ピン(I2C)に接続する絶縁型デジタル入出力拡張ボード。「RPi-GP10T」は結線が容易な端子台モデル、「RPi-GP10M」はロック機構付きMILコネクター(20pin)モデルだ。

RPi-GP10T RPi-GP10M (左)「RPi-GP10T」 (右)「RPi-GP10M」

アイソレーションにはデジタル入出力側とGPIO40ピンとの間を電気的に分離絶縁する「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力、低発熱で実装面積を小さくでき、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現している。

また、RPi-GP10T/Mは、電気機器と入出力端子を接続した際に必要な予備電源などの供給や接地のためのコモン電源端子(5~24V入力対応)を搭載している。

RPi-GP10T/Mを同社製品のRaspberry Pi CM3キャリアボード「RPi-CM3MB2/-PoE」や「RPi-CM3MB3」へ導入すると、制御回路のリレーやスイッチ、測定器の状態監視や7セグメント表示機の制御、シーケンサー(PLC)などの通信用インターフェースなど業務レベルでの使用も可能だ。

RPi-GP10T RPi-GP10M

RPi-GP10T/Mの外形寸法は約65×56mm(突起部含まず)で、本体重量は約25g。価格は2万1800円(税別)だ。

RPi-GP10T/Mのセットアップに必要な手順や制御するためのサンプルコードは同社ウェブサイト内の専用ページで公開予定。すぐに作業ができるよう操作手順なども用意されるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る