新しいものづくりがわかるメディア

RSS


平面から立体へ——1枚のシートから生まれた椅子「SCARF CHAIR」

透明な1枚のシートから構成された椅子「SCARF CHAIR(スカーフチェア)」が、MotionGalleryにて出資を募っている。

SCARF CHAIRのコンセプトは、平面からの立体の構築だ。欠けた半円状の透明なシートに1本のカットを施し、座面となる五角形を切り抜く。残りの円を円筒状に巻いて土台とし、座面を上に乗せることで完成となる。 机などの家具や家などといった、立体物の新たな製造方法の可能性も暗に提案しているという。

製作者は武蔵野美術大学出身の守本悠一郎氏。在学中にクリエイティブスタジオAzureを設立しており、SCARF CHAIRは同大学の卒業制作として製作された。 既に、5月30日から東京ビッグサイトで開催される国際見本市「Interior Lifestyle Tokyo」への出展が決定している。

SCARF CHAIRのプロトタイプは3万円(3脚限定)。その他、ミニチュアモデルや直筆スケッチ入りポストカードのセット、Azureへのデザイン相談券など、支援金額に応じた複数の支援プランを用意している。

プロジェクトの目標金額は12万円。MotionGalleryでのクラウドファンディングは2018年5月29日まで実施される。発送は2018年5月~6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る