新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoベースのGPSデジタル時計「Worldwide G.P.S. Desk Clock」

GPSから時間取得して表示できるデスクトップデジタル時計「Worldwide G.P.S. Desk Clock」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Worldwide G.P.S. Desk Clockは、ブラックケースにLED表示画面だけのシンプルなデジタル時計。ボタンを押すだけでタイムゾーンを設定し、正確な時間をLEDでデジタル表示できる。

photo

組み立て済みユニットだけでなく、自分で組み立てられる「DIYキット」も用意している。キットの内容は、プログラム済み「Arduino nano v3.0」、赤色LED「Max 7219」×5、GPSモジュール「U blox Neo 6m」、電子部品(抵抗、ダイオード、ボタン)、組み立てインストラクションなどで、簡単なはんだ付けが必要だ。ケースはSTLファイルをダウンロードして、3Dプリンターで出力できる。電源はUSBminiポートからの供給で、USBminiケーブル、電源アダプター(US)、操作インストラクションが付属する。

photo

Worldwide G.P.S. Desk Clockは、DIYキットと組み立て済みユニットをそれぞれ数量限定の早割価格40ドル(約4300円)/90ドル(約9600円)で提供する。出荷は2018年8月を予定しており、日本への送料はどちらも25ドル(約2660円)だ。

Worldwide G.P.S. Desk ClockはKickstarterにて、1万5000ドル(約160万円)を目標に2018年4月9日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る