新しいものづくりがわかるメディア

RSS


いろいろな教材でプログラミング体験ができる——TEPIA先端技術館リニューアルオープンイベント開催

東京・北青山のTEPIA先端技術館は、「プログラミング体験エリア」を常設するなどのリニューアルオープンに合わせ、2018年3月24日、25日、31日、4月1日の午前10時から午後5時まで、1階展示場にてイベントを開催する。

photo

プログラミング体験エリアは、はじめてプログラミングに触れる小学校低学年から中高生向けに、プログラミングを身近に感じ、興味を持ってもらうことを目的とした体験エリアだ。

小学生向けの内容では、イモムシ型ロボットを走らせたり、絵文字を使ったロボットなどを動かす。中高生向けは、ロボットを制御してエレベーターの昇降させる、2足歩行ロボットを動かす、3Dプリンタで3Dモデリングを体験するなどの内容だ。 難易度別のプログラミング教材を使い、それぞれ設定した課題に取り組むことで問題解決にチャレンジする。

photo 洛星高等学校ロボット同好会 「LINEMAKER」

プログラミング体験エリア以外の展示や体験教室もリニューアルされ、「TEPIAロボットグランプリ2017」参加チームのオリジナルロボットの展示や、ロボットプログラミング、3Dプリンタ教室などが開催される。

イベントでは、アテンダントによる解説付きツアー見学(予約制)、物流支援ロボット、しゃべり描きUIなどの体験型展示も行われる。

TEPIA先端技術館の所在地は、東京都港区北青山2-8-44で、東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口徒歩4分、入場は無料だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る