新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブロックを組み立ててロボットを作ろう——Arduino互換の電子ブロック「Leguino」

Arduinoを搭載した電子ブロック「Leguino」がKickstarterに登場した。ブロックサイズはLEGOと互換性がある。

photo

Leguinoは、コントローラーを搭載したメインモジュールを中心に、センサーやモーターを内蔵したブロックを組み合わせることでロボットが組み立てられる電子ブロックだ。センサー類は、近接センサー、人感センサー、温湿度センサー、光センサーなどがあり、他にもマイクロフォン、ブザー、Ir通信、LCDテキストディスプレイ、OLEDディスプレイ、モーターなど、さまざまな機能を搭載したブロックが提供される。

photo

Leguinoのメインモジュールは3種類あり、Arduino Uno互換タイプの「Leguino Uno Brick」、Arduino Nano互換タイプの「Leguino Nano Brick」、Raspberry Pi Zero Wを搭載する「Leguino Leguberry Brick」を用意している。

photo

各モジュールの組み立てはLEGOのように接続するだけで、電子配線はブロック内部のコネクターへ直接ワイヤリングするようだ。Leguino Uno BrickのI/O は、デジタル入出力×14(うちPWM×6)、アナログ入力×6で、Leguino Nano BrickのI/O は、デジタル入出力×22、アナログ入力×8となっている。Pi Zero Wを搭載するLeguino Leguberry Brickにはアナログ入出力用のHATが必要なはずだが、詳細は記載されていない。

photo

プログラミングソフトウェアとして、Aruduino互換モジュール向けにビジュアルプログラミングソフトウェア「Visuino」を推奨している。Arduino IDEで動くドラッグ&ドロップ対応のプログラミング環境なので、自分のアイデアやインスピレーションに従ってプロジェクト開発ができるだろう。

photo

Kickstarterでは15個のブロックが入った「Leguino Entry set」を 40%オフの89ポンド(約1万3300円)で提供するなどのプランがある。出荷予定は2018年10月以降で、日本への送料は別途14ポンド(約2090円)が必要だ。

photo

LeguinoはKickstarterで、2018年4月16日までクラウドファンディングを実施中。目標額の1111ポンド(約16万6000円)に対し3月14日時点で約5400ポンド(約80万6000円)を集め、目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る