新しいものづくりがわかるメディア

RSS


極上のバスタイムを——風呂用枕「ボ~ドピロ~湯楽湯楽」

浴槽の縁にセットして使う風呂用枕「ボ~ドピロ~湯楽湯楽(ユラユラ)」が、Makuakeに登場した。

photo

ボ~ドピロ~湯楽湯楽は、首にフィットする曲面形状で、まくらの高さを2段階に変更でき、角度も自由に変更可能だ。入浴を楽しむためのアイテムをボードに置くなど、目的に応じた使い方ができる。

photo

色はホワイトとベージュの2色。素材は、ABS樹脂素材を使用し、抗菌仕様になっている。まくらとボードの取付けに工具は不要で、まくらの溝に嵌め込む仕様となっており、手だけで脱着できる。一般的な和洋折衷タイプの浴槽で、縁が平面形状であれば設置可能だ。

photo
photo

製造元は、1960年に創立し、主にプラスチックのブロー成形技術を用いた自動車部品を中心として製造するタイセイプラス。社員7名でプロジェクトを立ち上げ、ボ~ドピロ~湯楽湯楽を生み出したという。

photo

製品内容は、まくら1個、ボード1個、取扱説明書。まくらは197×160×66mmで重量100g、ボードは700×250×30mmで重量400g。材質はまくらとボードがABS(抗菌剤含む)、キャップがPPだ。一般販売予定価格は7800円(税別)だが、Makuakeでは30%オフとなる5460円などのプランを用意する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る