新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ARをインタラクティブに操作できる——デスクトップARプロジェクター「Lampix」

高精細プロジェクターとカメラを搭載したARプロジェクター「Lampix」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Lampixは、LEDデスクライトタイプのプロジェクターで、テーブル上の最大584×940mmのエリアに1280×800p(WXGA)のARイメージを投影することができる。

photo

カメラから取得した画像は、独自の「PIX blockchain token system」によって処理される。PIXは、ビジネスや個人ユーザーがイメージやその詳細情報を共有できるオブジェクト認識プラットフォームで、これによりユーザーが配置したオブジェクトが何なのかを認識し、それに対応したARイメージを投影することができる。また、投影したイメージをジェスチャーにより制御することも可能だ。マシンラーニングにより、ユーザーが利用できるオブジェクトの数は今後増やしていくという。

photo

また、Lampixの「ディベロッパーエディション」はオープンかつシンプルなAPIを提供し、ユーザー独自のHTML5ベースのアプリケーション(オブジェクト認識/ドキュメントシェアリング/トレーニング/ゲームなど)に組み込むことができ、コードサンプルや参考プロジェクト、APIドキュメントを提供する予定だ。

photo

Wi-Fi、LAN、Bluetooth、USB2.0による接続に対応し、ステレオスピーカーを搭載。本体サイズは約330×218×914㎜で、重さは約2.7kg(スタンド込み)だ。

photo

Kickstarterでは、ディベロッパーエディションを数量限定の早割価格350ドル(約3万7200円)で提供する。出荷は2018年11月を予定しているが、今のところ日本への出荷は未対応だ。LampixはKickstarterにて、20万ドル(約2130万円)を目標に2018年4月16日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る