新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソース6軸ロボットアーム「AR2」用アルミニウム製パーツキット

オープンソースの6軸ロボットアーム「AR2」用アルミニウム製構造部品をセットにしたキットがKickstarterに登場した。

AR2は、ターレット、アーム、スピンドルなどの構造部品を3Dプリンターで作り、ステッピングモーター、ステッパードライバーなどは市販品を購入して組み立てることを前提としたロボットアーム。コントローラーにはArduinoを使う。

AR2の部品表(購入先情報付き)、ソフトウェア、説明書、構造部品の3Dプリント用sdlファイルなど全ての情報はGitHubで公開されている。

AR2 Aluminum Parts Kit

今回、クラウドファンディングを実施しているのは、アルミニウム製構造部品をセットにしたキット。このキットを使えばAR2を堅牢なアルミニウム製ロボットアームにできる。

AR2 Aluminum Parts Kit

AR2用アルミニウム製パーツキットの価格は、1195ドル(約13万円)。出荷は2018年6月の予定で、日本への送料は100ドル(約1万1000円)だ。

AR2用アルミニウム製パーツキットは、2018年5月5日までクラウドファンディングを実施。2018年3月23日時点で、目標額2万3900ドル(約250万円)に対して約6000ドル(約63万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  5. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  6. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  7. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始
  8. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  9. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」
  10. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る