新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、FFF方式小型3Dプリンター2機種「ダヴィンチJr. 1.0 Pro」「ダヴィンチnano ホワイト」発売へ

XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンターの新製品として、他社製フィラメントが使えるオープンフィラメント式を採用したプロフェッショナル向け「ダヴィンチJr. 1.0 Pro」、および小型軽量ながら十分な造形面積を持つ「ダヴィンチnano ホワイト」の2機種を発表した。2018年4月2日に発売予定だ。

ダヴィンチJr. 1.0 Pro

ダヴィンチJr. 1.0 Proは、プロフェッショナル向けのFFF(熱溶融積層)方式小型3Dプリンター。エクストルーダーの温度調節が可能になり、他社製のフィラメントにも対応できる。他社製フィラメントを使用する場合、素材はPLA、タフPLA、またはPETGで、直径1.75mmのフィラメントのみ対応している。

オートキャリブレーションシステムとして9点校正システムを搭載。プリントモジュールとプリントプラットフォームの距離を正確に感知できるようになり、高品質な造形が可能になった。ノズル直径は0.4mmで、より複雑な造形のためオプションで0.3mmも用意している。

3Dプリンターソフトウェアの「XYZware Pro」では、温度、速度などの各種パラメーターの設定が可能になった。また、ウインドダクトを搭載して冷却効果を強化し、美しい造形を実現している。

本体サイズは420×430×380mm、最大造形サイズは、150×150×150mm、フィラメント直径は1.75mm、対応するフィラメントの材質はPLA、タフPLA、PETG。価格は6万9800円(税抜)だ。

ダヴィンチnano ホワイト

ダヴィンチnano ホワイトは、体積が同社のダヴィンチminiの60%、製品重量は4.7 Kgという小型軽量のエントリーユーザー向けFFF方式3Dプリンター。最大造形サイズは120×120×120mmを確保している。 3色のLEDライトでプリント状況を表示し、インターフェースは簡単なワンボタン型。シンプルな操作で3Dプリントができる。

XYZmaker Mobileアプリに対応しており、さまざまな3Dモデリングデータをダウンロードできる。また、3Dモデリングを簡単に作成して、ダヴィンチnanoでデータをインポートし、出力できる。

本体サイズは378×280×355mm、積層ピッチは100〜400μm、フィラメント直径は1.75mm、対応するフィラメントの材質はPLA、タフPLA、PETG。価格は2万7800円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る