新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、FFF方式小型3Dプリンター2機種「ダヴィンチJr. 1.0 Pro」「ダヴィンチnano ホワイト」発売へ

XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンターの新製品として、他社製フィラメントが使えるオープンフィラメント式を採用したプロフェッショナル向け「ダヴィンチJr. 1.0 Pro」、および小型軽量ながら十分な造形面積を持つ「ダヴィンチnano ホワイト」の2機種を発表した。2018年4月2日に発売予定だ。

ダヴィンチJr. 1.0 Pro

ダヴィンチJr. 1.0 Proは、プロフェッショナル向けのFFF(熱溶融積層)方式小型3Dプリンター。エクストルーダーの温度調節が可能になり、他社製のフィラメントにも対応できる。他社製フィラメントを使用する場合、素材はPLA、タフPLA、またはPETGで、直径1.75mmのフィラメントのみ対応している。

オートキャリブレーションシステムとして9点校正システムを搭載。プリントモジュールとプリントプラットフォームの距離を正確に感知できるようになり、高品質な造形が可能になった。ノズル直径は0.4mmで、より複雑な造形のためオプションで0.3mmも用意している。

3Dプリンターソフトウェアの「XYZware Pro」では、温度、速度などの各種パラメーターの設定が可能になった。また、ウインドダクトを搭載して冷却効果を強化し、美しい造形を実現している。

本体サイズは420×430×380mm、最大造形サイズは、150×150×150mm、フィラメント直径は1.75mm、対応するフィラメントの材質はPLA、タフPLA、PETG。価格は6万9800円(税抜)だ。

ダヴィンチnano ホワイト

ダヴィンチnano ホワイトは、体積が同社のダヴィンチminiの60%、製品重量は4.7 Kgという小型軽量のエントリーユーザー向けFFF方式3Dプリンター。最大造形サイズは120×120×120mmを確保している。 3色のLEDライトでプリント状況を表示し、インターフェースは簡単なワンボタン型。シンプルな操作で3Dプリントができる。

XYZmaker Mobileアプリに対応しており、さまざまな3Dモデリングデータをダウンロードできる。また、3Dモデリングを簡単に作成して、ダヴィンチnanoでデータをインポートし、出力できる。

本体サイズは378×280×355mm、積層ピッチは100〜400μm、フィラメント直径は1.75mm、対応するフィラメントの材質はPLA、タフPLA、PETG。価格は2万7800円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る