新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2025年度の市場規模は230.5億円に——シード・プランニング、プログラミング教育関連市場の将来展望について調査結果を公表

シード・プランニングは、プログラミング教育関連市場の将来展望についての調査結果を公表した。

調査では、主なプログラミング教育関連市場について、学校外の施設である「プログラミング教室/スクール」、プログラミング教育を行う際の支援ツールとなるロボットなど「教材/プログラミングツール」、教員の研修や育成など「人材関連支援」の3分野に分類。 各分野の主要企業となる計106社へのヒアリング、オープンデータなどによる調査を行い、市場規模を算出した。

プログラミング教室/スクール、教材/プログラミングツール、人材関連支援の3分野を合わせたプログラミング教育関連市場規模については、2016年度時点で39.9億円と推計している。

調査結果によると、プログラミング教育の移行期間に入る2018年度、および本格的に教育が実施される2020年度以降において、多くの子どもたちが学校教育を通じてプログラミングに興味関心を持つことが想定されるという。

プログラミング教育の本格実施から小学校は5年後、中学校は4年後となる2025年度には、市場規模は230.5億円に成長すると予測。2016年度からの10年間でみると、市場規模は約6倍に成長するとの見通しだ。

分野別にみると、2020年度前後にまず教材/プログラミングツールや人材関連支援の需要が増加。2020年度以降は、次年度に中学校、さらに次の年度に高校へとプログラミング教育が拡大することから、プログラミング教室/スクールの需要増が見込まれると分析している。

なお、詳細な調査結果は、市場調査レポート「プログラミング教育関連市場の現状と将来展望」に掲載している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  8. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  9. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  10. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る