新しいものづくりがわかるメディア

RSS


千葉県の中高生チーム「SAKURA Tempesta」、国際ロボコン「FRC」世界大会出場決定

千葉県の中高生チーム「SAKURA Tempesta(サクラテンペスタ)」が、国際ロボティクス大会「FRC(FIRST Robotics Competition)」の世界大会出場を決めた。

SAKURA Tempestaは、アメリカの高校生向けロボコン大会FRCに挑戦することを目的とした、主に千葉県内の高校生、中学生によって構成されるFRCチームだ。

FRCは、アメリカのNPO「FIRST:For Inspiration and Recognition of Science and Technology」が提供している中学3年生から高校3年生までを対象としたプログラムの一つ。毎年新たに決められるテーマに沿ったロボットを作製し、大会を通じ他のチームと共に切磋琢磨していくというもので、27カ国以上の国から3647チーム、9万1000人以上の学生が参加するという大規模な大会だ。

SAKURA Tempestaは、2018年3月21~25日にホノルルで開催されたハワイ地区大会「FRC Hawaii Regional」で参加チーム全37チームのうち10位と健闘し、Rookie All Star Awardを獲得。2018年4月末にデトロイトで開催される世界大会に出場することになった。また、チームではHighest Rookie Seed Awardを受賞、個人ではチームキャプテンの中嶋花音さんがDean’s Listのファイナリストに選ばれている。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  2. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  3. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  4. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. みんなで囲んでレトロゲームを楽しむ——カラーLEDパネル搭載ローテーブル「PixIt」
  7. BCN3D、3Dプリンター「Sigma R19」/「Sigmax R19」をオープンソース化して公開
  8. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  9. 図形と立体に強くなる——オーストラリア発の知育玩具「GEOFIX」
  10. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る