新しいものづくりがわかるメディア

RSS


千葉県の中高生チーム「SAKURA Tempesta」、国際ロボコン「FRC」世界大会出場決定

千葉県の中高生チーム「SAKURA Tempesta(サクラテンペスタ)」が、国際ロボティクス大会「FRC(FIRST Robotics Competition)」の世界大会出場を決めた。

SAKURA Tempestaは、アメリカの高校生向けロボコン大会FRCに挑戦することを目的とした、主に千葉県内の高校生、中学生によって構成されるFRCチームだ。

FRCは、アメリカのNPO「FIRST:For Inspiration and Recognition of Science and Technology」が提供している中学3年生から高校3年生までを対象としたプログラムの一つ。毎年新たに決められるテーマに沿ったロボットを作製し、大会を通じ他のチームと共に切磋琢磨していくというもので、27カ国以上の国から3647チーム、9万1000人以上の学生が参加するという大規模な大会だ。

SAKURA Tempestaは、2018年3月21~25日にホノルルで開催されたハワイ地区大会「FRC Hawaii Regional」で参加チーム全37チームのうち10位と健闘し、Rookie All Star Awardを獲得。2018年4月末にデトロイトで開催される世界大会に出場することになった。また、チームではHighest Rookie Seed Awardを受賞、個人ではチームキャプテンの中嶋花音さんがDean’s Listのファイナリストに選ばれている。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る