新しいものづくりがわかるメディア

RSS


量産化に挑むスタートアップを支援——環境共創イニシアチブ、間接補助事業者の公募を開始

環境共創イニシアチブ(SII)は「スタートアップファクトリー構築事業」の一環として、プロダクトの量産に向けた試作/設計の支援拠点構築を支援する事業(間接補助事業者)の公募を開始すると発表した。

同事業は、経済産業省の平成29年度補正予算によって今春より始動する。今回の補助事業では、プロダクトの量産化/試作に挑むスタートアップ企業を支援対象としている。

プロダクトの量産化には、部品調達や組み立てラインの確保など、長く複雑な工程のマネジメントが必要となる。

独自プロダクトの市場投入に挑むスタートアップの多くが、プロトタイプ(原理試作)の先にある「量産化の壁」で頓挫すると分析。スタートアップの量産化に向けた工程をワンストップで支援する機能を強化し、量産化の壁を超えやすい環境を構築することを目的とする。

具体的な支援活動として掲げるのが、ハードウェア/ソフトウェア両面の整備だ。 ハード面ではスタートアップが集まる場の新設や、設計/試作/試験などの設備導入、小ロット生産に対応した体制の整備を支援する。

一方、ソフト面では教育/支援プログラムの開発および検証、工場/人材ネットワークの活用に必要なシステム開発などを実施予定だ。

なお、採択された間接補助事業に対しては、費用の一部が補助される予定だ。 募集期間は2018年3月30日~5月21日。4月2日から、全国各地で説明会を開催予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る