新しいものづくりがわかるメディア

RSS


200以上のパッチが利用できる——モジュラーシンセサイザーツールキット「Magus」

モジュラーシンセサイザーツールキット「Magus」がKickstarterに登場し、出資を募っている。パッチ式シンセサイザーキットで、オリジナルのサウンドをプログラムできる。

Magusは、48kHz/24bitステレオオーディオ対応で、32bit浮動小数点DSP、ARM Cortex-M4プロセッサー、8MB RAMを搭載。コントロールノブ×6、3.5mmステレオヘッドフォン出力端子、ライン入力/出力端子、USB MIDIデバイス/ホストインターフェース、OLEDディスプレイ、デュアルモノラルオーディオ入出力端子、2.1mm電源用ジャックを備える。レイテンシーは1ミリ秒以下。電源はUSB経由かDCアダプターから供給する。

Magus

Magusは、パッチ入力/出力×各2個と12bit双方向CVパッチポイントを20個備えており、双方向パッチポイントはそれぞれ入力または出力に設定できる。20個中16個のパッチポイントの上または下にRGB LEDを搭載し、LEDの色でレベルと方向を表す。パープル/ブルー/シアンは入力、オレンジ/レッド/ピンクは出力を意味する。パッチポイントの信号レベルは-10V~+10Vで、ユーロラック完全互換だ。

Magus

Magusにはファームウェア「OpenWare」が組み込まれており、開発元の製品であるエフェクトペダル「OWL Pedal」やデジタルオーディオデバイス「OWL Modular」と同じパッチを使用できる。ユーザーが作成した200以上のパッチがネット上で公開されており、USBケーブルを接続してウェブページから直接読み込むか、MIDI Sysexファイルとしてダウンロードして使用できる。パッチはMax Gen、Pure Data、FAUSTやC++で作成可能。開発元のウェブページで公開されているパッチは、ブラウザー上で編集することもできる。

Magus Patch Library Patch Library

同じくパッチ式のミニシンセサイザー「Wizard」と「Alchemist」も用意しており、WizardはMagusと同じパッチの実行とプログラムが可能。割り当て可能なコントロールノブ×5、ボタン×4、12bit CV入力/出力×各2、トリガー入力/出力、USB MIDIホスト/デバイスインターフェース、RGB LEDを備える。

最も小さいAlchemistは、コントロールノブ×4、トリガーボタン×2、モードボタン、トリガー入力、CV入力、USB MIDIデバイスインターフェース、RGB LEDを備える。

Wizard Wizard
Alchemist Alchemist

Magusの価格は420ポンド(約6万3000円)。USBケーブル、パッチケーブル6本、電源が付属する。出荷は2018年7月を予定しており、日本への送料は15ポンド(約2300円)だ。

Alchemist/Wizardの価格はそれぞれ90ポンド(約1万4000円)/160ポンド(約2万4000円)で、いずれもUSBケーブルが付属する。Alchemistの出荷は2018年6月、Wizardの出荷は2018年7月を予定。日本への送料はいずれも12ポンド(約1800円)だ。

Magusは、2018年5月3日までクラウドファンディングを実施中。4月6日時点で、1万2000ポンド(約180万円)の目標額に対して約5800ポンド(約87万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る