新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTの試用環境を18万5000円で構築——「IoTスタートパック」と「EXtelligence IoT」提供開始

エクスは、これからIoTを始める企業に向け「IoTスタートパック」の提供を開始した。

スタートパックとして提供するのは「センサー3個+通信モジュール+クラウドストレージ+可視化/分析サービス」のオールインワンサービスだ。

試用環境の構築、運用やクラウド利用、およびセンサーからの収集データ分析/課題解決までを支援する。パッケージ提供だけでなく、打ち合わせの上でセンサー(温度、湿度、人感など)の選定なども可能だ。

試用期間は2カ月で、サービス提供開始キャンペーン価格は18万5000円~(税抜)。利用料金にはクラウド利用料/通信費を含み、保守費用は含まれない。なお、通常価格は35万円を予定している。

また、同サービスで利用するソフトウェアとして「EXtelligence IoT」β版の提供も開始した。

EXtelligence IoTでは、センサーから取得した環境データ(温度、湿度など)のクラウド上における収集/管理/見える化だけでなく、工程や作業指示情報との融合により、情報の価値を高めることができる。

これらの情報を、社内だけでなく社外でも連携することで、生産効率を高められるという。正式リリースまでの期間は無償で利用可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る