新しいものづくりがわかるメディア

RSS


繰り返し幾何学模様が美しい——フラクタル木製パズル「Complexity Puzzle」

ピースの一部分の形が全体と相似するフラクタル図形パターンを用いた木製パズル「Complexity Puzzle」がKickstarterに登場した。

Complexity Puzzle

Complexity Puzzleは、木板をレーザーカッター加工して作られた見た目も美しいパズル。幾何学的な繰り返しパターンに従ってカットされており、ピースを全てはめ込むとピース同士の境目が分からなくなるほど精密に加工されている。それぞれのピースは似かよっていて、簡単そうに見えても実は難しいというパズルだ。

Complexity Puzzle
Complexity Puzzle

Complexity Puzzleのサイズは約250×250×6mm。高名なドイツ人数学者ヒルベルトの名前を冠する「Hilbert Curve」、雪の結晶をイメージさせるコッホ雪片に似たパターンの「Gosper Curve」、NASAの物理学者グループが研究し1967年に雑誌で紹介したより抽象的なパターンの「Dragon Curve」といった3種類のフラクタル図形パターンを用いたパズルが用意されている。

Complexity Puzzle

Complexity Puzzleの価格は、いずれのパズルも55カナダドル(約4700円)。出荷は2018年7月の予定で、日本への送料は10カナダドル(約850円)だ。

Complexity Puzzleは2018年5月11日までクラウドファンディングを実施。2018年4月13日時点で、目標の1万カナダドル(約85万円)に対し約3800カナダドル(約32万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る