新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ

日本コンピュータ・エイディッド・テクノロジは、WindowsマシンにUSBメモリを挿入するだけで、Raspberry Piのプログラミング環境となるプログラミングシステム「触(さわり)」を2018年4月18日に発売する予定だ。学校、塾、企業などでRaspberry Piプログラミングの学習環境を作ることができる。

同製品は、Windowsマシンのx86系マイクロプロセッサを使い、Raspberry Piの基本ソフトRasbian(ラズビアン)の元でのプログラミングを可能にする。Windowsの基本ソフトは使わず、ハードディスクにはアクセスしない。

対応するWindowsマシンは、USBブート可能で、64bit対応のマイクロプロセッサを搭載する機種。本体サイズは52×22×9mm(保管時:キャップ前)だ。

プログラミング言語は、Scratch(スクラッチ)、Python(パイソン)、JavaScript(ジャバスクリプト)、HTMLなど、標準でインストールされている教室での学習に適した言語を使用できる。

同製品は、学校や塾、企業での利用を対象として、10個入りの1パッケージで販売される。価格は9万8000円(税込)。まず大阪府下の地域限定で販売を開始し、速やかに全国展開を予定しているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る