新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売

ニンジャボットは、入門用小型デスクトップ3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」を、自社サイトおよびAmazonで販売開始した。

photo

同社によると、ニンジャボット・コペンは、Kickstarterで約4億円を集めるなど大きな注目を集めたM3Dの小型FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「The Micro」をベースに、中国のEazythreadが改良したモデル。 初心者でも簡単に使えるように無駄な装備や機能を省いたシンプルなデザインとなっている。

photo

日本向け製品は、価格を抑えつつも長期間使用するために、歯車ギヤやフィラメントの状態が外側から目視で確認できるようにしたり、掃除ができるようにカバー下側に開口を設けるなど、ニンジャボットオリジナルの仕様変更が加えられている。

本体サイズは188×188×198mm、本体重量は約1kg、シングルヘッドで、ヘッド温度は180~210℃、最大造形サイズは84×104×110mm、最小積層ピッチは100μm、最大プリントスピードは毎秒20mm、電源は100~240Vで消費電力は60W。Windows7、8、8.1、10に対応し、ソフトウェアはEazyWare、入力ファイルとしてSTL形式をサポートする。

ニンジャボット・コペンの価格は、標準モデルが3万7260円、カバー付きモデルが3万9420円(いずれも税込)で、配送は6月上旬を予定している。予約注文すると、交換用テーブル1台とフィラメント2本が無料でプレゼントされるとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る