新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットアームDOBOT Magicianの基本機能を学べる「ベーシックトレーニング(基本操作編)」開始へ

TechShareは、正規代理店として取り扱っているロボットアーム「DOBOT Magician」のトレーニングサービス「ベーシックトレーニング(基本操作編)」を2018年5月に開始する予定だ。

DOBOT Magicianは、Shenzhen Yuejiang Technologyが開発した、Pythonなど20種類以上のプログラミング言語で操作可能なロボットアーム。ビジュアルプログラミングやハンドティーチングでも操作できるため、子供向けのSTEM教育や高等教育、企業内研修などさまざまな教育用途でも利用されている。

また、低価格のロボットアームとしては、耐久性や繰返し精度が比較的高いため、事務所や工場内の軽作業など幅広い用途で利用が進んでいる。

ベーシックトレーニング

今回開始するベーシックトレーニングは、初めてDOBOT Magicianを利用する人を対象に、DOBOT Magicianの基本機能を学び、ピックアンドプレイスなどの基本操作を実習し、自分自身で操作するための指針となる知識を習得するためのコースだ。

5月に開始する基本操作編に続き、2018年度下期以降には、付属されるエフェクターや別売オプションの操作方法を習得するオプション操作編を開始する予定だ。

アドバンスドトレーニング(2018年度下期以降開始予定)

さらに、2018年度下期以降に「アドバンスドトレーニング」として、Raspberry PiやArduinoを利用してDOBOT Magicianを制御するアプリケーションの開発や、ビジョンシステムと連携してDOBOT Magicianを制御するシステムの開発など、さまざまなニーズに対応したコースを提供していく。

ベーシックトレーニング(基本操作編)は2018年5月29日および6月26日に、東京都江東区のTechShare本社セミナールームで開催予定。費用は3万円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  4. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  5. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. micro:bitの作例を収録——技術評論社、「micro:bitであそぼう!たのしい電子工作&プログラミング」発刊へ
  8. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る