新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

M3DのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用プリントヘッド「QuadFusion」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

QuadFusionは、素材やカラーの違う4つのフィラメントを混ぜてプリントできるダイレクトドライブ方式エクストルーダーを備えたM3Dの新型プリントヘッドだ。CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)4タイプのフィラメントを使えば、フルカラーでの造形も可能だ。

photo

デモの花瓶は、レッド、ブルー、透明、ブラックのフィラメントを使い、150色で造形しているという。現時点では、STLファイルをベースにスライサーで出力したGコードに手修正を加えてマルチフィラメント対応を実現していると思われ、カラー化にはそれなりの知識が必要となる。3Dプリンターソフトウェア側のサポートなどが今後の課題だろう。

photo

QuadFusionのサイズは80×80×85mmで、ステッピングモーター×4と冷却ファン×3を搭載する。標準ノズルサイズは0.35mmで、オプションで0.5mm、0.75mm、1.0mmを用意する。ノズルの最高温度は255度、1.75mm径フィラメントに対応し、現時点で「MakerBot Replicator 2X」、「M3D Crane」、「M3D Promega」、「Prusa i3 MK2」へ装着できることを確認済みとのことだ。

photo

QuadFusionはバッチ1~4を用意しており、それぞれの価格は189ドル(約2万500円)/179ドル(約1万9400円)/169ドル(約1万8400円)/159ドル(約1万7300円)で、出荷は2018年8~11月を予定している。日本への送料については確認が必要だ。

photo

QuadFusionはKickstarterにて、2018年5月23日までクラウドファンディングを実施中。4月24日時点で、1万ドル(約109万円)の目標額に対して約7000ドル(約76万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る