新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

M3DのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用プリントヘッド「QuadFusion」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

QuadFusionは、素材やカラーの違う4つのフィラメントを混ぜてプリントできるダイレクトドライブ方式エクストルーダーを備えたM3Dの新型プリントヘッドだ。CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)4タイプのフィラメントを使えば、フルカラーでの造形も可能だ。

photo

デモの花瓶は、レッド、ブルー、透明、ブラックのフィラメントを使い、150色で造形しているという。現時点では、STLファイルをベースにスライサーで出力したGコードに手修正を加えてマルチフィラメント対応を実現していると思われ、カラー化にはそれなりの知識が必要となる。3Dプリンターソフトウェア側のサポートなどが今後の課題だろう。

photo

QuadFusionのサイズは80×80×85mmで、ステッピングモーター×4と冷却ファン×3を搭載する。標準ノズルサイズは0.35mmで、オプションで0.5mm、0.75mm、1.0mmを用意する。ノズルの最高温度は255度、1.75mm径フィラメントに対応し、現時点で「MakerBot Replicator 2X」、「M3D Crane」、「M3D Promega」、「Prusa i3 MK2」へ装着できることを確認済みとのことだ。

photo

QuadFusionはバッチ1~4を用意しており、それぞれの価格は189ドル(約2万500円)/179ドル(約1万9400円)/169ドル(約1万8400円)/159ドル(約1万7300円)で、出荷は2018年8~11月を予定している。日本への送料については確認が必要だ。

photo

QuadFusionはKickstarterにて、2018年5月23日までクラウドファンディングを実施中。4月24日時点で、1万ドル(約109万円)の目標額に対して約7000ドル(約76万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る