新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

M3DのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用プリントヘッド「QuadFusion」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

QuadFusionは、素材やカラーの違う4つのフィラメントを混ぜてプリントできるダイレクトドライブ方式エクストルーダーを備えたM3Dの新型プリントヘッドだ。CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)4タイプのフィラメントを使えば、フルカラーでの造形も可能だ。

photo

デモの花瓶は、レッド、ブルー、透明、ブラックのフィラメントを使い、150色で造形しているという。現時点では、STLファイルをベースにスライサーで出力したGコードに手修正を加えてマルチフィラメント対応を実現していると思われ、カラー化にはそれなりの知識が必要となる。3Dプリンターソフトウェア側のサポートなどが今後の課題だろう。

photo

QuadFusionのサイズは80×80×85mmで、ステッピングモーター×4と冷却ファン×3を搭載する。標準ノズルサイズは0.35mmで、オプションで0.5mm、0.75mm、1.0mmを用意する。ノズルの最高温度は255度、1.75mm径フィラメントに対応し、現時点で「MakerBot Replicator 2X」、「M3D Crane」、「M3D Promega」、「Prusa i3 MK2」へ装着できることを確認済みとのことだ。

photo

QuadFusionはバッチ1~4を用意しており、それぞれの価格は189ドル(約2万500円)/179ドル(約1万9400円)/169ドル(約1万8400円)/159ドル(約1万7300円)で、出荷は2018年8~11月を予定している。日本への送料については確認が必要だ。

photo

QuadFusionはKickstarterにて、2018年5月23日までクラウドファンディングを実施中。4月24日時点で、1万ドル(約109万円)の目標額に対して約7000ドル(約76万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る