新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カホンを演奏するパーカッションロボット「Cabot」

箱形の打楽器カホンを演奏するパーカッションロボット「Cabot」がKickstarterに登場した。

Cabot

カホンはまたがって演奏する箱型で中が空洞の打楽器。Cabotをカホンに装着し、スマートフォン専用アプリ(iOS対応)を使って起動すると、Cabotの3本のアームがカホンを叩いて演奏する。付属のフットスイッチを使えば、演奏リズムパターンの切り替えもできる。

Cabotは、打楽器であるカホンを実際に叩いて演奏するので、アコースティックな生音を楽しむことができる。

Cabot

Cabotのスマートフォン用アプリを使ってリズムパターンを作ることができ、他のユーザーが作曲したリズムパターンをダウンロードすることもできる。また、CabotをPCとMIDI接続して自分の作曲環境に組み入れることも可能だ。

Cabot
Cabot

Cabotは京都発のプロジェクト。カホン付きのリワードには、東大阪市のカホン工房「濱崎商会」製のプロジェクト限定スペシャルカホンが付属する。このスペシャルカホンは、Cabotを装着しないで通常のカホンとして演奏を楽しむこともできる。

Cabot

Cabotは、フットスイッチ、ACアダプター、ケーブルが付属してKickstarter価格9万5040円。2018年4月27日時点で、早期割引価格7万1280円での購入が可能だ。送料は3000円。カホン付きリワードはKickstarter価格12万3429円で、早期割引価格は9万2571円、送料は5400円だ。いずれも出荷は2019年3月の予定となっている。

Cabotは2018年5月31日までクラウドファンディングを実施。2018年4月27日時点で、目標額460万円に対して約46万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る