新しいものづくりがわかるメディア

RSS


透明ディスプレイに英語が浮かび上がる置時計「Word Clock」

一般的な時計のように文字盤やLCDではなく、透明な板に刻印された英単語を浮かび上がらせることで時間を表す置時計「Word Clock」がIndiegogoに登場した。

photo

Word Clockは、机やベッドサイドをスタイリッシュに演出できるデザイン時計だ。基本設定では約5分毎に時間を更新して表示するが、1秒ごとに時間を表示するモードもある。各種モードの切り替えはボタンを押すだけだ。

photo

ディスプレイは8種類の異なるデザインを用意し、書体違いや数字を使ったディスプレイもある。照明には22種類の色が設定でき、明るさは12段階で調整できる。照明は、時刻を示すテキストだけを点灯させるモードや、時刻を示すテキストと他のテキストの色を変えて点灯させるモードなど合計7種類ある。電源はマイクロUSB経由で、バックアップ電源により数日間動作するとのこと。

photo

Word Clock はIndiegogoにて2018年6月上旬までクラウドファンディングを実施。5月2日時点では、目標額1789ドル(約19万6000円)に対して、約1000ドル(約11万9000円)を集めている。

photo

Word Clock は1種類のディスプレイ付が68ドル(約7500円)。3種類のディスプレイ付が85ドル(約9300円)などのプランを用意する。出荷は2018年8月の予定で、日本への送料は16ドル(約1800円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Set第2弾——RSコンポーネンツ、カメラやディスプレイなどをセットにした「Autumn Set」5種類を発売
  2. 無料3D CADや基板CADの基礎を学ぶセミナーから、1日でコンピューターを自分で組み立ててプログラミングを学ぶワークショップまで(11月8日~)
  3. 水中環境やルアーのアクションをセンサーで計測できる「スマートルアーα」
  4. ハードウェアこそが日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  6. 課題を解きながらAIロボットプログラミングを学ぼう——Arduino互換ロボットDIYキット「MoonBot」
  7. ムーアの法則とハードウェアスタートアップ——オープンソースハードウェアの時代はこれから来る
  8. micro:bitでロボットプログラミング——モジュラー式組み立てロボットキット「Qdee Robot Kit」
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!
  10. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る