新しいものづくりがわかるメディア

RSS


透明ディスプレイに英語が浮かび上がる置時計「Word Clock」

一般的な時計のように文字盤やLCDではなく、透明な板に刻印された英単語を浮かび上がらせることで時間を表す置時計「Word Clock」がIndiegogoに登場した。

photo

Word Clockは、机やベッドサイドをスタイリッシュに演出できるデザイン時計だ。基本設定では約5分毎に時間を更新して表示するが、1秒ごとに時間を表示するモードもある。各種モードの切り替えはボタンを押すだけだ。

photo

ディスプレイは8種類の異なるデザインを用意し、書体違いや数字を使ったディスプレイもある。照明には22種類の色が設定でき、明るさは12段階で調整できる。照明は、時刻を示すテキストだけを点灯させるモードや、時刻を示すテキストと他のテキストの色を変えて点灯させるモードなど合計7種類ある。電源はマイクロUSB経由で、バックアップ電源により数日間動作するとのこと。

photo

Word Clock はIndiegogoにて2018年6月上旬までクラウドファンディングを実施。5月2日時点では、目標額1789ドル(約19万6000円)に対して、約1000ドル(約11万9000円)を集めている。

photo

Word Clock は1種類のディスプレイ付が68ドル(約7500円)。3種類のディスプレイ付が85ドル(約9300円)などのプランを用意する。出荷は2018年8月の予定で、日本への送料は16ドル(約1800円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  4. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  5. シリコン半導体に置き換わる新デバイスーー集積度の限界を超える「金属-空気トランジスタ」
  6. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  7. 手で動かしてカラープリント——モバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る