新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piプロジェクトを始めよう——各種センサーの使い方が学べるRaspberry Pi学習キット「CrowPi」

Raspberry Piをベースにした電子工作学習キット「CrowPi」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

CrowPiは、Raspberry Piや電子工作の初心者向けにプログラミングや各種センサーの使い方を学習するための素材一式をアタッシュケース型のケースに詰め込んだ学習キットだ。

photo

本体にRaspberry Piをセットすると中央のブレッドボードにGPIOを引き出すことができ、ボードに実装されている超音波距離センサー、LCD、振動センサー、サウンドセンサー、ライトセンサー、温湿度センサー、モーションセンサーなどとジャンパーワイヤーで接続して使い方を学習できる。ケース上面には7インチディスプレイとスピーカーを搭載する。

photo

ユーザーマニュアルのプリント版とステップバイステップデジタルチュートリアルを用意しており、プログラミングの実践を通じて電子部品の制御方法などが学べる仕組みになっている。

photo

Raspberry Pi 2B/3B/3B+/Zeroに対応し、色はブラック/パープル/ブルー/イエローから選べる。キーボードとマウスと携帯バッテリーを接続すれば、ポータブルなLinux PCとしても利用できる。

photo

CrowPi「ベーシックキット」は今なら35%オフの早割価格1169香港ドル(約1万6200円)で提供する。電源アダプター(5V3A)、16G TFカード、TFカードリーダー、RFIDカード、タッチペン、5Vステッピングモーター、ミニサーボ「Tower Pro 9g SG-90」、赤外線リモコンが付属するが、Raspberry Piは含まれていない。2018年7月の出荷を予定しており、日本への送料は204香港ドル(約2830円)だ。

photo

CrowPiはKickstarterにて、2018年6月16日までクラウドファンディングを実施中。5月8日時点で、23万5000香港ドル(約326万円)の目標額に対して約19万5000香港ドル(約271万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る