新しいものづくりがわかるメディア

RSS


記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」

ピンを引き抜いた瞬間からカウントを開始するパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」がKickstarterに登場した。結婚記念日、赤ちゃんの誕生日、禁煙開始日など、残しておきたい瞬間を保存する特別なタイムピースになる。

photo

TIME SINCE LAUNCHは、耐久性の高いホウケイ酸ガラス(硬質ガラス)のシリンダーを使い、すべての電子回路と電源はガスケット付きのアルミキャップで密封された構造だ。

photo

6桁×2の液晶ディスプレイは左がカウント開始からの日、右が時、分、秒を表示しており、最大値は2738年(100万日マイナス1秒)となる。I2C RTCのDS3231を使用しており、時間精度は2ppmだ。

photo

タイマーのカウントは、シリンダー端部のピンを引き抜くとスタートするが、一旦スタートするとリセットはできず、止めることも早く進めることもできない。

photo

3.3Vで消費電流は6μA(約20μW)で作動し、20年間の動作でも電源電池(AA Energizer L91 Ultimate Lithium×2本)の5%の容量しか使用しない。開発元による推定寿命は約40年だ。なお電池交換も可能だが、バックアップコンデンサにより電池交換時にもカウントは止まらない。

photo

TIME SINCE LAUNCHは150ドル(約1万7000円)で提供する。製品の出荷予定は2019年1月以降となっている。日本への送料は別途25ドル(約2750円)が必要だ。

photo

TIME SINCE LAUNCHはKickstarterで、2018年6月21日までクラウドファンディングを実施中。目標額の4万ドル(約440万円)に対し5月16日時点で、すでに目標額を達成し、約4万4000ドル(約484万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る