新しいものづくりがわかるメディア

RSS


視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」

自動車の速度やエンジン回転、水温などの情報を投影できるヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」がKickstarterに登場した。

photo

HUD NEOTOKYOは、後付けタイプのヘッドアップディスプレイユニットだ。フロントガラスではなく、専用の投影スクリーンを使い、表示サイズは90×20mmだ。

photo

表示は96%の透過率の専用スクリーンでフロントガラス前面に表示されるので、ドライバーの前方視界を妨げることもない。ドライバーは視界を前方に保ったまま、各種情報を確認することができる。

photo

取り付けは簡単で、OBD2コネクターを搭載した車両であれば、コネクターに接続してダッシュボードに固定するだけで、工具不要で設置できる。エンジン運転に同期した自動パワーオン/オフ機能を備え、周囲の明るさに応じたディスプレイ表示の自動輝度調整機能もある。

photo

HUD NEOTOKYO は早期キャンペーンでは1万4800円(定価1万9800円の25%オフ)で提供する。HUD NEOTOKYO の本体に加え、OBD2ケーブルと滑り止めマットもセットになっている。製品の出荷予定は2018年8月以降で、日本への送料は1500円だ。

photo

HUD NEOTOKYO はKickstarterで、2018年6月14日までクラウドファンディングを実施中。目標額の10万円に対し5月16日時点で、すでに目標額を達成し、約15万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る