新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「自分で作る」を中心においた最新技術スクール「Techツクール」

JellyWareは、モノづくりを通してプログラミングスキルとハードウェア制作スキルを身につけられる最新技術スクール「Techツクール」をリリースした。

photo

Techツクールは、「技術知識」や「開発方法」を習得するだけではなく、自ら考えて作ったものが成果として得られる「自分で作れるモノづくり」を学ぶことができるスクールだ。

最新技術を実務に活用したい人や最新分野の勉強が不足しているエンジニア、ハードウェアには詳しくないがIoT関連のモノづくりにチャレンジしたいソフトウェアエンジニアなどに特に向いているという。

photo

全てのセミナーで、受講者自身でプログラムを組みながら実際に手を動かすハンズオン形式を採っており、技術の応用力に加えて、作るプロセス中で発生する課題を解決するので、課題解決力も身につけられる。

また、自ら考えた成果物を発表するところまでを目標としているため、技術力だけではなく、クリエイティブ力や情報伝達力の向上も見込める。

photo

2018年6月21日(木)~6月22日(金)に東京都渋谷区にて第1弾セミナーとして、Raspberry Piを使ってIoT組み込みプロトタイプを開発する「Raspberry Piを使ったIoTプロトタイピング」セミナーを開催する。受講料は法人が8万9000円、個人が6万9000円(いずれも税別)だ。

その後も2018年夏以降に、「実践ディープラーニングでIoTプロトタイピング(4日コース)」や「Web Bluetoothを使ったBLE開発(1日コース)」、「Arduinoを使ったフィジカルコンピューティング(2日コース)」などのハンズオンセミナーを順次開催する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る