新しいものづくりがわかるメディア

RSS


超三極管接続が生み出すサウンド——ハイブリッドステレオパワーアンプ「STC」

双3極管とICオーディオアンプを超三極管接続構成としたハイブリッドアンプ「STC」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

超三極管接続は、上條信一氏が1990年代に考案した真空管回路。パワーアンプの帰還抵抗に変えて三極管を使うことで、五極管(パワー素子)の出力段全体が音質に優れた三極管と等価になるよう構成されている。

photo

STCは、その回路を真空管/半導体ハイブリッドパワーアンプに活用することで、真空管サウンドを手軽に楽しめるステレオパワーアンプだ。帰還に使う双三極管はロシア製「6N3P」またはGEの「5670」を使い、出力段にST Microのオーディオアンプ「STA540」を組み合わせている(注:回路図には6N3Pの記載があるが、Kickstarterのプランには5670とある。)回路図には見えない2本の真空管は、テレフンケンのマジックアイ「EAM86」と思われる。

photo

主な仕様は、出力15W×2(インピーダンス8Ω時)、ノイズレベル150μV、周波数特性10Hz~200KHz(10V出力)などとなっている。

photo

STC本体の前面には電源スイッチ、ボリューム、Phoneジャックを、背面にオーディオインプット(左/右)、ステレオスピーカーアウトプット(R:+/-、L:+/-)、電源入力ポート(20VDC3.3A)を備える。

photo

STCの価格は、329ユーロ(約4万2900円)。2018年11月の出荷を予定しており、日本への送料は17ユーロ(約2220円)だ。

STCはKickstarterにて、2018年6月15日までクラウドファンディングを実施中。5月17日時点で、4500ユーロ(約58万6000円)の目標額に対して1000ユーロ(約13万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る