新しいものづくりがわかるメディア

RSS


超三極管接続が生み出すサウンド——ハイブリッドステレオパワーアンプ「STC」

双3極管とICオーディオアンプを超三極管接続構成としたハイブリッドアンプ「STC」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

超三極管接続は、上條信一氏が1990年代に考案した真空管回路。パワーアンプの帰還抵抗に変えて三極管を使うことで、五極管(パワー素子)の出力段全体が音質に優れた三極管と等価になるよう構成されている。

photo

STCは、その回路を真空管/半導体ハイブリッドパワーアンプに活用することで、真空管サウンドを手軽に楽しめるステレオパワーアンプだ。帰還に使う双三極管はロシア製「6N3P」またはGEの「5670」を使い、出力段にST Microのオーディオアンプ「STA540」を組み合わせている(注:回路図には6N3Pの記載があるが、Kickstarterのプランには5670とある。)回路図には見えない2本の真空管は、テレフンケンのマジックアイ「EAM86」と思われる。

photo

主な仕様は、出力15W×2(インピーダンス8Ω時)、ノイズレベル150μV、周波数特性10Hz~200KHz(10V出力)などとなっている。

photo

STC本体の前面には電源スイッチ、ボリューム、Phoneジャックを、背面にオーディオインプット(左/右)、ステレオスピーカーアウトプット(R:+/-、L:+/-)、電源入力ポート(20VDC3.3A)を備える。

photo

STCの価格は、329ユーロ(約4万2900円)。2018年11月の出荷を予定しており、日本への送料は17ユーロ(約2220円)だ。

STCはKickstarterにて、2018年6月15日までクラウドファンディングを実施中。5月17日時点で、4500ユーロ(約58万6000円)の目標額に対して1000ユーロ(約13万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る