新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」

ラジコンカーがベースとなっている教育用玩具「RaceYa」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

RaceYa

RaceYaは、子供たちが自由に改造できるラジコンカーのセット。ギアボックス、コントローラー、2種類の車輪セットから成る。パーツの組み合わせ方法や遊び方などアイデア満載の小冊子が付属しており、子供たちがパーツを変えたりカスタマイズしたりして遊ぶことで摩擦や運動エネルギーなどを学べるように作られている。

RaceYa
RaceYa

リビングルームの中を走り回るタイムレースをしてみたり、滑り台を作って斜面を上らせてみたり、ローギアに切り替えてより大きな動力を出したりできるほか、風車のように回転するパーツを駆動させるために動力を取り出すパワーテイクオフ(PTO)もできるところがいかにも教育玩具らしい。

RaceYa

ReceYaのパーツはオープンソースなので、自分で付属パーツをデザインして3Dプリントすることも可能だ。

RaceYa

RaceYaの早期割引価格は、125ドル(約1万4000円)。出荷は2019年2月の予定で、日本への送料は35ドル(約3900円)だ。

RaceYaは2018年6月21日までクラウドファンディングを実施。2018年5月18日時点で、目標の7万5000ドル(約830万円)に対して、約1万8000ドル(約200万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る