新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」

ラジコンカーがベースとなっている教育用玩具「RaceYa」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

RaceYa

RaceYaは、子供たちが自由に改造できるラジコンカーのセット。ギアボックス、コントローラー、2種類の車輪セットから成る。パーツの組み合わせ方法や遊び方などアイデア満載の小冊子が付属しており、子供たちがパーツを変えたりカスタマイズしたりして遊ぶことで摩擦や運動エネルギーなどを学べるように作られている。

RaceYa
RaceYa

リビングルームの中を走り回るタイムレースをしてみたり、滑り台を作って斜面を上らせてみたり、ローギアに切り替えてより大きな動力を出したりできるほか、風車のように回転するパーツを駆動させるために動力を取り出すパワーテイクオフ(PTO)もできるところがいかにも教育玩具らしい。

RaceYa

ReceYaのパーツはオープンソースなので、自分で付属パーツをデザインして3Dプリントすることも可能だ。

RaceYa

RaceYaの早期割引価格は、125ドル(約1万4000円)。出荷は2019年2月の予定で、日本への送料は35ドル(約3900円)だ。

RaceYaは2018年6月21日までクラウドファンディングを実施。2018年5月18日時点で、目標の7万5000ドル(約830万円)に対して、約1万8000ドル(約200万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る