新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サーボモーターを15個搭載し強力なパンチを繰り出す——二足歩行格闘ロボット「Super Anthony」

強力なサーボモーターを15個搭載する格闘ロボット「Super Anthony」がKickstarterに登場した。

Super Anthony

Super Anthonyは、サイズ380×240×120mm、重さ2.1kgの二足歩行格闘ロボット。ストレートパンチに加えて、アッパーカットやサイドキック、片足を高くほぼ垂直に上げるスプリットキック、前転キック、後転キックなどの大技のほか、前方や後方に飛びかかる動作もできる。

Super Anthony
Super Anthony

Super Anthonyに搭載されたサーボモーターのトルクは45重量キログラムセンチメートルで、約4.4ニュートンメートルに相当。クリエイターによると、他のロボットのサーボモーターのトルクは最高でも35重量キログラムセンチメートルとのことなので、Super Anthonyのサーボモーターがいかに強力であるかが分かる。Super Anthonyはこのパワーを使って強烈なパンチやキックを放ち、相手ロボットを倒す。

Super Anthony

Super Anthonyのクリエイターは、2014年からROBO-ONEを含む二足歩行ロボットの格闘大会やコンテストに出場しており、2015年開催の第27回ROBO-ONEでは技術賞を受賞した経験もある。Super Anthonyは、クリエイターが過去に開発したロボットの強みを結集したロボットだ。

Super Anthony

Super Anthonyの早期割引価格は、ロボット本体にジョイスティック、mini USBケーブル、充電器、本体収納用ベース、付属品収納バッグ、ユーザーマニュアルなどが付属して1299ドル(約14万円)。出荷は2018年11月の予定で、日本への送料は50ドル(約5500円)だ。

Super Anthonyは2018年7月15日までクラウドファンディングを実施。2018年5月18日時点で、目標の6万ドル(約660万円)に対して約1万9000ドル(約210万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る