新しいものづくりがわかるメディア

RSS


天然素材を使用したハイエンドキーボード「Azio Retro Classic」

ビンテージタイプライターにインスパイアされたメカニカルキーボード「Azio Retro Classic(エイジオレトロクラシック)」がMakuakeに登場した。

photo

エイジオレトロクラシックには、「ELWOOD」、「Artisan」、「POSH」、「ONYX」の4タイプがある。

photo

ELWOODは、トッププレートに天然クルミ材を貼り、マットブラックのクロームメッキフレームで高級感を演出したモデルだ。天然木のため、1品ごとに仕上がりが異なり、使い込むにつれ独特の風合いを醸し出す。

photo

Artisanは、トッププレートには黒の本革をあしらい、フレームはサテンの銅仕上げとなる。キーボードを取り込む六角ボルトとあいまって、スチームパンクなイメージだ。

photo

POSHは、Artizan同様の銅仕上げフレームながら、トッププレートは白の本革、キートップもホワイトで、ラグジュアリー感のあるモデルだ。

photo

ONYXは、トッププレートは黒の本革、キーボードフレームもブラッククロームと、黒系統でまとめた上品な仕上がりになっている。

photo

キーボードはタイプライターを連想させるメカニカルタイプ。カチッとしたキータッチに拘ってデザインされているという。各モデルともWindows用キーキャップとMac用キーキャップが付属しており、背面のスイッチを切り替えるだけでWindows/Macに対応する。接続はBluetoothまたはUSB-Cケーブルだ。

photo

また、高級感を演出するキーバックライトLEDを装備しており、4段階の調光が可能だ。

エイジオレトロクラシックの本体サイズは147×455×40mm、重さ1588g。6000mAのリチウムイオン充電池を内蔵しており、バックライトオフで約1年、オンで1~3カ月間使用できる。

各モデルとも一般販売予定価格3万9800円のところ、Makuakeでは先着30名限定で30%オフとなる3万88円で販売する。

Makuakeでは目標金額を50万円に設定し、2018年6月29日までクラウドファンディングを実施中。5月24日現在、45万円以上の支援を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る