新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」

目盛りが2進数で表記された20cm定規の上に1970年代の8ビットコンピューターを再現した「Digirule2」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Digirule2

Digirule2の上面にデータスイッチ、データLED、アドレスLEDが整列する姿は、1974年に発売された8ビットコンピューター「Altair 8800」のフロントパネルを思わせる。Altair 8800は世界初のパーソナルコンピューターとも言われている。

Altair 8800b Altair 8800b フロントパネル

Altair 8800ではフロントパネルのトグルスイッチを上下に動かして2進数のコードを直接入力し、RUN/STOPスイッチをRUN側に切り替えるとプログラムを実行する。

Digirule2のプログラミング方法は、これによく似ている。2進数表現に直したコードを、8個並んだデータボタンとSave、GoTo、Prev、Nextボタンを使ってメモリーに格納し、Run/Stopボタンを押してプログラムを実行する。8個ずつ並んだLEDがそれぞれアドレスとデータを表示するので、どの番地に何が入っているか、どこを実行しているか、あるいはどこで止まったかを目で確認できる。プログラマーの便宜を図るため、命令をニーモニックコードから2進数に変換するExcelファイルも用意されている。

Digirule2
Digirule2

Digirule2の大きさは40×209×1.6mm。CPUは8ビットマイクロコントローラーPIC18F43K20で、実装命令セットの命令数は33だ。メモリーサイズは256バイト。プログラム保存用に256バイトのフラッシュメモリーも搭載している。バッテリーとしてコイン型リチウム電池(CR2032)1個を使用するが、Digirule2には同梱されないので自分で用意する必要がある。

Digirule2の価格は、22オーストラリアドル(約1800円)。出荷は2018年9月の予定で、日本への送料は6オーストラリアドル(約500円)だ。

Digirule2は2018年6月28日までクラウドファンディングを実施するが、2018年6月15日時点で、目標額5000オーストラリアドル(約42万円)を既に達成し約8200オーストラリアドル(約68万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る