新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手に装着するだけで手話を読みとるウェアラブルデバイス「FingerPing」

米ジョージア工科大学の研究チームは、親指にはめたリングと手首のリストバンドを使って手話を読みとれるウェアラブルデバイス「FingerPing」を開発した。

FingerPingは、リングのスピーカーが出す音響チャープ信号を、リストバンドに組み込まれたレシーバーで受けることで、指のジェスチャーを読みとるシステムだ。チャープとは時間とともに周波数が増加または減少する信号で、ソナーなどに使われている技術だ。

指で作った形により音響チャープの伝わり方が変わるため、FingerPingは22種類のジェスチャーを認識することができるという。これにコマンドを割り当てれば、例えば音楽プレイヤーに対する再生、停止などの命令を指のジェスチャーでコントロールできる。また、12個ある人差し指から小指の節の部分をキーパッドに見立て、昔の携帯電話に実装されていたT9方式のようなテキスト入力も可能になる。

実験では、FingerPingは手話で表現した1~10の数字を認識することができた。これはFingerPingを将来的に手話通訳器として利用できる可能性を示している。博士課程学生で研究を率いるCheng Zhang氏は、FingerPingは手話を認識するための専用グローブや画像認識カメラが不要で、可搬性に優れたソリューションになりえるとし、今後の発展・改良が期待される技術だ、と述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る