新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビット・トレード・ワン、8回路対応のRaspberry Pi用リレー制御拡張基板「ADRSRU8」発売へ

ビット・トレード・ワンは、Raspberry Pi用リレー制御拡張基板「ADRSRU」シリーズの8回路対応版「ADRSRU8」を2018年6月22日に発売する予定だ。

同基板をRaspberry PiのGPIOに接続することで、高電圧高電流な機器をコントロール可能だ。

リレーでつないだ高電圧回路からの干渉によるRaspberry Piの破損を防ぐため、フォトカプラにて絶縁対策を施しており、多数の回路を取り扱える。また、8回路搭載の大きな基板を取り回しやすくするため、40pinケーブルが付属する。

リレーユニットには、SRD-05VDC-SL-Cを採用。AC250V/10A、DC30V/10Aまでの電圧/電流に対応しており、GPIOからの給電のみで制御できる。

基板上に配置されたLEDにより視覚的に動作を把握でき、実験時の確認に生かせる。 リレー接続部は、ドライバー1本で取り付け可能な端子台を使用しており、スムーズに製作できる。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B。基板寸法は130×56×18mm、重量は約100gだ。

シリコンハウス/千石電商/ツクモRobot王国/デジット/マルツエレック各店に加え、Webショップ(Amazon、共立エレショップ、ビット・トレード・ワン公式など)にて販売する。価格はオープンで、店頭想定売価は2980円(税抜)程度だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  6. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  7. Raspberry Pi 3にHATサイズのA+が登場——「Raspberry Pi 3 Model A+」
  8. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  9. シャフトドライブ、ノーパンクタイヤなどを採用——メンテナンスフリー自転車「Rich」
  10. micro:bitの作例を収録——技術評論社、「micro:bitであそぼう!たのしい電子工作&プログラミング」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る