新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発

凸版印刷は、環境発電(エネルギーハーベスティング)技術で作動する電子ペーパーを開発した。

photo

この電子ペーパーは、電子ペーパーの特徴である超低消費電力特性を生かし、電池などの電源供給に依存することなく、エネルギーハーベスティング技術のみによる微弱電力のみで表示の切り替えが可能だ。これにより、同じくエネルギーハーベスティング技術を使用した電池レスの無線通信規格「EnOcean」に対応した電池レスのIoT機器に、電子ペーパーによる表示機能を持たせることができる。

表示方式は、電子ペーパーの中でもさらに消費電力が低く、数字や文字、アイコンなどの固定パターンを表示させるセグメント型電子ペーパーを採用している。表示画面は1.11インチ(セグメント型E Ink電子ペーパー)、消費電力量は200μJ程度(2インチ程度まで)、外形寸法は、全体が138×84×18mm、表示部が20×20mm、通信方式はEnOcean無線通信規格となる。

2018年9月からサンプル出荷を開始し、2019年春に量産開始する予定だ。

また、2018年6月20日~22日に東京ビッグサイトで開催される「第29回 設計・製造ソリューション展」にて、同電子ペーパーを搭載した電池レススイッチのプロトタイプを展示する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る