新しいものづくりがわかるメディア

RSS


話しかけて遊ぶと「成長」する——幼児向けAI機能搭載おもちゃロボット「My Loopy」

AI機能に加え7種類のセンサーを搭載した幼児向けおもちゃロボット「My Loopy」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

My Loopy

My Loopyの対象年齢は4歳以上。タッチセンサー、赤外線(IR)近接センサー、光センサー、音センサーを備え、モーションセンサー、傾きセンサー、温度センサーを内蔵する。センサーで周りの様子を検知すると、背面のスピーカーから音声を発したり、目の部分のドットマトリックスLEDや頭部に搭載したRGB LEDの光を変化させたりして反応する。

My Loopy

My Loopyは、あらかじめプログラムされた250種類以上のフレーズ、24種類の目の表情、6つのRGB LEDの色の変化によってさまざまな応答をする。アプリや他のデバイスなしで、単体で遊ぶことができるのもMy Loopyの特徴の1つだ。

My Loopy

さらに、My Loopyには4つのレベルがあり、それぞれのレベルで新しいゲームや機能が楽しめる。レベル1では音を発するのみでほとんど話せないが、My LoopyはAI機能を使って学習していく。レベルが上がるとパーソナリティーが変化し、より多くのフレーズを話すようになる。レベルアップするには、My Loopyに話しかけたり手に持って遊んだりといったやり取りが鍵となる。

My Loopy

My Loopyはアプリがなくても動作するが、コーディングを学ばせたい、あるいは、STEM教材として使いたいという場合は専用アプリ「My Loopy app」を使用する。My Loopyとペアリングすれば、My Loopyの新しい応答を直感的にプログラミングすることも可能になる。My Loopy appは現在開発中だが、iOS/Android/Windows/Mac/Chromebooksに対応するという。

My Loopy

My Loopyのサイズは、幅3.5インチ(約89mm)、高さ3インチ(約76mm)。充電池(250mAh)を使用し、最大4時間動作する。背面に充電用micro USBポートを備えており、充電時間は約1時間だ。

My Loopyの早期割引価格は49ドル(約5400円)。本体のほか、micro USB充電器とマニュアルが付属する。出荷は2018年9月の予定だが、出荷先は米国内に限られている。

My Loopyは2018年7月21日までクラウドファンディングを実施。2018年6月22日時点で、目標額2万ドル(約220万円)に対して約1万ドル(約110万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る