新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンボードでWindows10 Pro 64bitが動く——LattePandaの上位モデル「LattePanda alpha」

アスメックは、2018年内に発売予定の「LattePanda alpha」の取り扱いを発表した。

Windows10 Pro 64bit動くシングルボードコンピューターLattePandaの上位モデルとなるLattePanda alphaは、CPUがIntel Cherry Trail Z8350から、2-in-1と呼ばれているIntel 7th Gen Core m3-7Y30へと強化されている。

photo

初代と比較してRAMが2倍になり、フラッシュROMはNVMe SSDで記憶容量は3倍、デュアルバンドWi-Fiにも対応する。USB 3.0/Type-C/M.2の高速インターフェースの機能拡張も搭載。M.2にはPCI-eバスが内蔵されており、グラフィックス、3G&4G(LTE)無線LAN、デュアルギガビットLAN、HDサウンドカードなど高い拡張性を実現している。また、初代同様コプロセッサーとしてArduino Leonardoを搭載しているようだ。

外観からは独自デザインの大型アクティブファンが目を引くが、基板サイズも110×78mmと20mmほど拡大しているようだ(初代は88×77mm)。第7世代であるm3-7Y30は、ベンチマークによれば第5世代i5-5200Uクラスよりも高い処理能力ながらも、熱設計電力(TDP)は基本4.5Wと低電力になっているが、十分な性能を出すためには冷却の確保は重要なのだろう。

現時点では、2018年内に発売予定、価格は未定とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る