新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワンボードでWindows10 Pro 64bitが動く——LattePandaの上位モデル「LattePanda alpha」

アスメックは、2018年内に発売予定の「LattePanda alpha」の取り扱いを発表した。

Windows10 Pro 64bit動くシングルボードコンピューターLattePandaの上位モデルとなるLattePanda alphaは、CPUがIntel Cherry Trail Z8350から、2-in-1と呼ばれているIntel 7th Gen Core m3-7Y30へと強化されている。

photo

初代と比較してRAMが2倍になり、フラッシュROMはNVMe SSDで記憶容量は3倍、デュアルバンドWi-Fiにも対応する。USB 3.0/Type-C/M.2の高速インターフェースの機能拡張も搭載。M.2にはPCI-eバスが内蔵されており、グラフィックス、3G&4G(LTE)無線LAN、デュアルギガビットLAN、HDサウンドカードなど高い拡張性を実現している。また、初代同様コプロセッサーとしてArduino Leonardoを搭載しているようだ。

外観からは独自デザインの大型アクティブファンが目を引くが、基板サイズも110×78mmと20mmほど拡大しているようだ(初代は88×77mm)。第7世代であるm3-7Y30は、ベンチマークによれば第5世代i5-5200Uクラスよりも高い処理能力ながらも、熱設計電力(TDP)は基本4.5Wと低電力になっているが、十分な性能を出すためには冷却の確保は重要なのだろう。

現時点では、2018年内に発売予定、価格は未定とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る