新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水中探査機を組み立てよう——CQ出版、学習用ROVキット「ROV-TRJ01」発売

CQ出版は、学習用ROV(遠隔操縦式探査機)組み立てキット「ROV-TRJ01」を2018年7月10日に発売する。

photo

ROV-TRJ01は、同社の雑誌「トラ技ジュニア」の連載記事「深海のエレクトロニクス」内で紹介した、水中機器の開発に必要なノウハウを取り入れ、学習用ではあるが本物のROVと同様の耐圧/防水構造を持つのが特徴だ。

制御基板やカメラを搭載する耐圧容器は、Oリングを使用した水密構造で、水深10m程度の耐圧防水性を備えている。

耐圧容器前面の水中撮影時に覗き窓となるビューポートには高強度のアクリル樹脂を使用し、透明度を高めるためにカメラレンズ同等の特殊研磨を施している。水中でのゆがみも少なく、質の高い水中映像の撮影が可能だという。

photo

ROV-TRJ01には、水中部となる本体と操縦装置部など必要な機材はすべて含まれている。本体水中部のキットは筐体構造の他、カラーカメラ、水中用モーター、ユニバーサル基板、基板配線用プラグ、スクリュープロペラ(正、逆回転用)、中性浮力調整用バラストなど。操縦装置部キットは、コントローラー筐体や基板配線用プラグ、コンタクトピン、レセプタクル、防水キャリングケース、7インチディスプレイ、ROV駆動用およびカメラ用ACアダプターなどとなっている。

水中部のサイズは約250×約220×約120mmで、耐圧容器の最大部直径が65mm。価格は、直接販売価格が15万9840円、アカデミック割引適用時は10万5840円(いずれも税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る