新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTでハウス栽培を見える化——西菱電機、LoRaWANに対応した「農業センサー」提供開始

西菱電機は、同社の「Seiryo Business Platform(SBP)」IoTサービス第2弾として、LoRaWANを活用した農業IoTサービスを開始する。

photo

同サービスは、LoRaWAN対応の「農業センサー」と「LoRaゲートウェイ」を設置して栽培環境のモニタリングを行い、「IoTダッシュボード」サービスによって計測したデータを可視化するものだ。

農業センサーは、温度や湿度、気圧、CO2、照度、土壌温度、土壌水分の合計7種類のデータを収集、別途設置するLoRaゲートウェイを通じてクラウド上に集約し、IoTダッシュボード上で見える化することができる。

2017年10月から2018年3月の間、兵庫県伊丹市で5名の農家を対象に実証実験を実施したところ、温度を元にした換気や土壌水分の推移を元にした水やりの回数の削減などの成果が見られたという。

費用は、農業センサーが14万9000円、サービス費用として月額1000円(いずれも税別)となる。サービス利用には別途LoRaゲートウェイ(屋内用または屋外用)の購入も必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Set第2弾——RSコンポーネンツ、カメラやディスプレイなどをセットにした「Autumn Set」5種類を発売
  2. 無料3D CADや基板CADの基礎を学ぶセミナーから、1日でコンピューターを自分で組み立ててプログラミングを学ぶワークショップまで(11月8日~)
  3. 水中環境やルアーのアクションをセンサーで計測できる「スマートルアーα」
  4. ハードウェアこそが日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  6. 課題を解きながらAIロボットプログラミングを学ぼう——Arduino互換ロボットDIYキット「MoonBot」
  7. ムーアの法則とハードウェアスタートアップ——オープンソースハードウェアの時代はこれから来る
  8. micro:bitでロボットプログラミング——モジュラー式組み立てロボットキット「Qdee Robot Kit」
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!
  10. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る