新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTでハウス栽培を見える化——西菱電機、LoRaWANに対応した「農業センサー」提供開始

西菱電機は、同社の「Seiryo Business Platform(SBP)」IoTサービス第2弾として、LoRaWANを活用した農業IoTサービスを開始する。

photo

同サービスは、LoRaWAN対応の「農業センサー」と「LoRaゲートウェイ」を設置して栽培環境のモニタリングを行い、「IoTダッシュボード」サービスによって計測したデータを可視化するものだ。

農業センサーは、温度や湿度、気圧、CO2、照度、土壌温度、土壌水分の合計7種類のデータを収集、別途設置するLoRaゲートウェイを通じてクラウド上に集約し、IoTダッシュボード上で見える化することができる。

2017年10月から2018年3月の間、兵庫県伊丹市で5名の農家を対象に実証実験を実施したところ、温度を元にした換気や土壌水分の推移を元にした水やりの回数の削減などの成果が見られたという。

費用は、農業センサーが14万9000円、サービス費用として月額1000円(いずれも税別)となる。サービス利用には別途LoRaゲートウェイ(屋内用または屋外用)の購入も必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る