新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売

スマイルブームは、Raspberry Pi本体にSDカードを差し込んで電源を入れるだけで使えるパッケージソフト「Pi STARTER」を発売する。

photo

Pi STARTERは、Raspberry Piの起動に必要なRaspbian OSがSDカードに含まれたパッケージソフトだ。Raspberry PiでBASIC言語を使ってプログラミングができるよう「SmileBASIC」が入っており、Raspberry Pi本体にSDカードを差し込み、電源を入れるだけですぐにSmileBASICが利用できる。

Raspberry Pi Model B/B+に対応し、SmileBASICはニンテンドー3DS用「プチコン3号 SmileBASIC」をRaspberry Pi用に調整を行い移植したという。SmileBASICではユーザー定義関数内でローカル変数の利用や、最大4つのプログラムスロットを使って複数のプログラムを管理することができる。GPIOの状態を確認する「Gpiomonitor」、BASICの命令ごとの動作を確認するデモ「techdemo」、内蔵ソフトやリソースを最新版に更新する「updater」などのソフトも付属し、GPIO、I2C、SPIの入出力、HTTP通信の送受信、Raspbian OS上の外部コマンド呼び出しなど、Raspberry Piのハードやソフトをプログラミングできる環境が提供されている。

Pi STARTERの起動時に表示されるメニューや、搭載されているツールもSmileBASICで書かれているので、同梱されているプログラムコードを改造してメニューを変更したり、新しい機能を追加することもできるという。

Pi STARTERの販売は、TSUKUMO(ツクモ)ブランドによる独占販売とのこと。 なお、2018年7月8日に行われた「ALL ABOUTマイコン BASICマガジンⅡSP in 大阪」事前登録制のイベント会場で、ツクモソフト復活第1弾のTSUKUMOブランドとして、価格4000円(税込)で先行発売されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る