新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make AKIBA、アクセラレータープログラム「Open Challenge 3」の成果発表会開催

TAG

起業 IoT アクセラレータ

DMM.make AKIBAは、IoTなどの先端技術を活用した製品やサービスのビジネス化をサポートするアクセラレータープログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」の成果発表会「Demo Day」を、2018年7月10日に開催した。

photo

第3期を迎えた同プログラムに採択されたのは合計7つのチーム。これまでDMM.make AKIBAと富士通クラウドテクノロジーズのサポーター企業と、ABBALab/Mistletoeプロデューサー 亀井聡彦氏、カウンティア代表取締役 公認会計士 姥貝賢次氏、プロメテウス代表取締役 市村慶信氏らがメンターとして、各チームをサポートしてきた。今回はDemo Dayでプレゼンを実施したスタートアップを、ピックアップして紹介する。

しっぽコール

photo 女性の安全を見守るスマート防犯ブザー「しっぽコール」、団体名:しっぽコール

しっぽコールは、カバンなどに装着できる防犯バッグチャーム。スマートフォンアプリと連携することで、本体を握りしめるとスマホの着信音が鳴り、犯罪を未然に予防、そして万一の場合にはしっぽをコードから引き抜くことで現在の位置情報とあわせて任意の連絡先に通報できる機能を備えている。

女性が身近に感じられるデザインにより、女性が不安な夜道でも気軽に安全に出歩けることを目指している。

photo プレゼン後のミートアップの様子

Dioptric Art Lab

photo 屈折光学アート生成サービス「Dioptric Art(ジオプトリックアート)」、団体名:Dioptric Art Lab

Dioptric Artは、屈折光学を応用して作り出すレンズを用いたアート作品生成サービス。プレゼンではグラスの底に桜の花びら状のレンズを5個造形し、上から光を当てることで一輪の桜の花として結像する作品などを紹介していた。このジオプトリックアートと呼ばれる技法をベースに、ユーザーはベクターデータなどの素材をアップロードして配置するだけで、希望の光学スペックを備えたレンズが設計でき、自分だけのアート作品を生み出すことができる。

この後サポート企業である、富士通クラウドテクノロジーとDMM.make AKIBAによるプレゼンを挟みつつ、後半のピッチへと続いた。

Tanookith(たぬーきす)

photo 家事管理サービス「Smuzoo(スムズー)」、団体名:Tanookith(たぬーきす)

Smuzooは、特に共働き夫婦の、家事労働によるストレスを軽減するための家事管理サービス。何をやればいいのかわからない、してほしいことをしてくれない、といった家事分担に関するパートナー間のギャップを、ルール/ノウハウ/実施状況を見える化することで解決するものだ。さらに、家事分担のみならず、DMM Okanのような家事代行サービスとも連携できるという。

photo 写真右下にある、家事のログを自動で取得できるケーブルリールデバイス「Plugyutory(プラギュトリー)」も開発している。

FutuRocket(未来ロケット)

photo スマートIoTリモコン「hackfon(ハックフォン)」、団体名:FutuRocket

Hackfonは、慣れ親しんだインターフェースを備えたアナログ電話を、ライトやエアコン、掃除機などIoT製品を操作できるスマートIoTリモコンに変えるデバイス。既存の電話機にデバイスを取り付けることでアナログ信号をデジタル信号に変換、電話機の番号ボタンやその組み合わせにより、Wi-Fiに繋がるIoT機器のコントロールが可能になる。

photo 分かり易いUIを使うことで、スマートフォンの扱いが難しい高齢者などでもIoTを活用できるようになるという。

ハチたま

photo 飼い猫の健康管理ができるIoTねこトイレ「TOLETTA(トレッタ)」、団体名:ハチたま

TOLETTAは、ねこが毎日使うトイレをモニタリングすることで、泌尿器疾患の予防と早期発見を実現するIoTねこトイレだ。底が多重構造になっているトイレで尿量やねこの体重を測定して記録、異常を検知した場合には、飼い主はアラートを受け取れる。将来的には取得したデータを大手企業や動物病院などと共有し、グローバルなねこヘルスケアプラットフォームの構築を目指すとのことだ。

photo 「ねこが幸せになれば、人はもっと幸せになれる」をモットーに、ねこもメンバーに加えたチームで活動している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る