新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

Formlabsは、ジュエリー向けに緻密な造形が可能な新しいレジン「Castable Wax Resin」を発表した。

photo

Castable Wax Resinはワックスを20%含有しており、3Dプリントしたパーツをそのまま直接インベストメント(ロストワックス)鋳造することで、鋳型を焼成する際に灰を残さずに燃え尽きるように設計されている。

photo

同社の光造形(SLA)方式3Dプリンター「Form2」向けに最適化されており、滑らかな表面仕上げや精密なディテールの再現が可能だとしている。フィッティング用途の試作にも、最終製品にも相応しい強度と性能を備えていると言える。

photo

Castable Wax Resinを使うことで、例えば浮き彫りにしたテキストや、デリケートなフィリグリーワイヤーやメッシュ、凝ったディテールのパヴェなどの精細なデザインを正確に表現でき、しかも積層痕が見えないように仕上げることも可能だ。

photo

さらに二次硬化が不要ですぐに鋳造できるうえ、部品の表面はイソプロピルアルコール(IPA)を使ってきれいに洗浄できるという特徴を備えている。

photo

Castable Wax Resinは、標準のバーンアウトスケジュールに沿って燃え尽きるように設計されており、強度の高いインベストメントを使った場合の8時間のショートバーンアウトにも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る