新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「顔パス」もOK——パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」、リアルタイムフェイストラッキング技術を搭載

PLEN Roboticsは、パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」に搭載するリアルタイムフェイストラッキング技術を開発したと発表した。

photo

PLEN Cubeは、カメラ、スピーカー、マイクを備えた一辺が約75mmの立方体の手のひらサイズのパーソナルロボット。小型ながら画像認識や音声認識などの機能を搭載する。声で指示すれば、デジタルビデオカメラ、IoT家電リモートコントローラ、インターネットコミュニケーターとして機能する。

今回、PLEN Cubeの画像認識システムにリアルタイムフェイストラッキング技術を搭載した。センスタイムジャパンが提供する顔認識ソフトウェアライブラリ「FaceSDK」を活用し、PLEN Cubeがカメラへのインプットからアクチュエーターへのアウトプットまでの処理を瞬時に行えるようになる。

またアルゴリズムのコンパクト化により、PLEN Cubeが捉えた顔画像から特定個人認識を端末内で完結するため、クラウドを介することなくいわゆる「顔パス」の自動化が可能になる。また、被写体の移動量をコマンドに変換し、モーターなどのアクチュエーターにリアルタイムで送信することで、カメラによる歩行速度レベルの移動の自動追尾を実現するとしている。

同技術を搭載したPLEN Cubeにより、受付、チェックイン、入退出管理、立哨、モニタリングといった定型業務の自動化を促進し、サービス業界の効率化に寄与できるとしている。

またPLEN Roboticsは、医療機関向けAI/ロボットソリューション開発のシャンティと業務提携締結についても発表した。PLEN Cubeと、シャンティのAIを利用した診療補助やロボット連携問診システムなど医療機関向けアプリケーションを接続し、医療や介護、ヘルスケア分野の業務効率化に寄与するソリューションの研究開発を行う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る