新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「顔パス」もOK——パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」、リアルタイムフェイストラッキング技術を搭載

PLEN Roboticsは、パーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」に搭載するリアルタイムフェイストラッキング技術を開発したと発表した。

photo

PLEN Cubeは、カメラ、スピーカー、マイクを備えた一辺が約75mmの立方体の手のひらサイズのパーソナルロボット。小型ながら画像認識や音声認識などの機能を搭載する。声で指示すれば、デジタルビデオカメラ、IoT家電リモートコントローラ、インターネットコミュニケーターとして機能する。

今回、PLEN Cubeの画像認識システムにリアルタイムフェイストラッキング技術を搭載した。センスタイムジャパンが提供する顔認識ソフトウェアライブラリ「FaceSDK」を活用し、PLEN Cubeがカメラへのインプットからアクチュエーターへのアウトプットまでの処理を瞬時に行えるようになる。

またアルゴリズムのコンパクト化により、PLEN Cubeが捉えた顔画像から特定個人認識を端末内で完結するため、クラウドを介することなくいわゆる「顔パス」の自動化が可能になる。また、被写体の移動量をコマンドに変換し、モーターなどのアクチュエーターにリアルタイムで送信することで、カメラによる歩行速度レベルの移動の自動追尾を実現するとしている。

同技術を搭載したPLEN Cubeにより、受付、チェックイン、入退出管理、立哨、モニタリングといった定型業務の自動化を促進し、サービス業界の効率化に寄与できるとしている。

またPLEN Roboticsは、医療機関向けAI/ロボットソリューション開発のシャンティと業務提携締結についても発表した。PLEN Cubeと、シャンティのAIを利用した診療補助やロボット連携問診システムなど医療機関向けアプリケーションを接続し、医療や介護、ヘルスケア分野の業務効率化に寄与するソリューションの研究開発を行う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る