新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」

ハブレスホイールを採用した折りたたみ式電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」がKickstarterに登場し、出資を募っている。本体重量は13kgでワンタッチで折りたたんで、車のトランクに収納したり、持ち運びもできる。

photo

AKTIVO Scootは、ハブレスホイールを採用した個性的な電動キックスクーター。最高時速は30kmで、最大20度の坂道も登坂できるという。1回の充電で最長25kmの走行が可能だ。

photo

動力には60個のマグネットが強力なトルク出力と優れたスピードコントロールを実現する1000Wのブラシレスモーターを、ブレーキには高効率のダブルアクションのセラミックブレーキを採用する。

photo

スピード制御は親指スロットルで行い、メーターにはスピードとバッテリーレベルが表示される。LEDライトはフロントとインナーホイールのポジションライト(位置灯)、そしてブレーキ時に点滅するブレーキライトを備えている。

photo

AKTIVO Scootのボディは軽量で丈夫なマグネシウムフレーム製で、防塵/防水規格「IP54」に準拠する。本体サイズは1030×428×1130(折りたたみ時:443)mm、ボディカラーはホワイト/グレーから選択できる。充電は通常の2Aチャージで約3時間、オプションの3Aスピードチャージャーを使えば約2時間で完了する。

photo

Bluetooth対応の専用アプリで、バッテリーレベル、走行距離、コンディション、トリップ情報 データログの確認、スピードモード(FUN/ECO)の選択、ライトコントロールができる。他にも、オーバーヒートアラーム機能を備える。

photo

AKTIVO Scootの予定小売価格は560ユーロ(約7万3300円)で、今なら数量限定の早割価格340ユーロ(約4万4500円)で入手できる。50ユーロ(約6550円)追加で、3Aスピードチャージャーとヘルメット(ホワイト/ブラック)を提供する。2018年9月の出荷を予定しており、日本への送料は70ユーロ(約9160円)だが、国内での公道走行には適合していない。

photo

AKTIVO ScootはKickstarterにて、2018年8月9日までクラウドファンディングを実施中。7月12日時点で、3万2500ユーロ(約425万円)の目標額に対して約1万8000ユーロ(約236万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る