新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」

Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」が、Kickstarterでクラウドファンディングを開始した。はんだ付け、部品の組み立て、配線、動作試験などロボット作りに関する一通りのことが学べるように作られている。

Walrus v1.0

Walrus v1.0は、Arduino Uno R3、プラットフォーム、ホイール、モーター、超音波センサ、単3電池ホルダーなどの部品とチュートリアルをセットにした2輪走行ロボットのキット。対象は10歳以上だ。回路図、組み立て説明書、サンプルプログラムは開発元のサイトからダウンロードできる。

Walrus v1.0

完成したロボットには、液晶ディスプレイ表示、スピードと方向をランダムに変えて走るランダムダンス、タッチセンサとして働くバンパーと超音波センサを使用した障害物回避走行、グリップに挿したペンで幾何学模様などを描く走り書きなどの機能がある。用意されたチュートリアルを終了し、さらに何か機能を加えたい場合には付属の小型ブレッドボードを使って回路を組むことも可能だ。

Walrus v1.0

なお、Walrus v1.0は、誰でも簡単に組み立てられることを目的としていないので、はんだごて、はんだ、プラスドライバー、ワイヤーストリッパーは自分で用意する必要がある。

Walrus v1.0の早期割引価格は、40ドル(約4500円)。出荷は2018年9月の予定だが、出荷先は米国内に限られている。

Walrus v1.0は1万2500ドル(約140万円)を目標に、2018年8月12日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  6. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  7. Raspberry Pi 3にHATサイズのA+が登場——「Raspberry Pi 3 Model A+」
  8. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  9. シャフトドライブ、ノーパンクタイヤなどを採用——メンテナンスフリー自転車「Rich」
  10. micro:bitの作例を収録——技術評論社、「micro:bitであそぼう!たのしい電子工作&プログラミング」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る