新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」

Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」が、Kickstarterでクラウドファンディングを開始した。はんだ付け、部品の組み立て、配線、動作試験などロボット作りに関する一通りのことが学べるように作られている。

Walrus v1.0

Walrus v1.0は、Arduino Uno R3、プラットフォーム、ホイール、モーター、超音波センサ、単3電池ホルダーなどの部品とチュートリアルをセットにした2輪走行ロボットのキット。対象は10歳以上だ。回路図、組み立て説明書、サンプルプログラムは開発元のサイトからダウンロードできる。

Walrus v1.0

完成したロボットには、液晶ディスプレイ表示、スピードと方向をランダムに変えて走るランダムダンス、タッチセンサとして働くバンパーと超音波センサを使用した障害物回避走行、グリップに挿したペンで幾何学模様などを描く走り書きなどの機能がある。用意されたチュートリアルを終了し、さらに何か機能を加えたい場合には付属の小型ブレッドボードを使って回路を組むことも可能だ。

Walrus v1.0

なお、Walrus v1.0は、誰でも簡単に組み立てられることを目的としていないので、はんだごて、はんだ、プラスドライバー、ワイヤーストリッパーは自分で用意する必要がある。

Walrus v1.0の早期割引価格は、40ドル(約4500円)。出荷は2018年9月の予定だが、出荷先は米国内に限られている。

Walrus v1.0は1万2500ドル(約140万円)を目標に、2018年8月12日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る