新しいものづくりがわかるメディア

RSS


鎌倉市、「Fab City Summit」で国内都市初の「Fab City宣言」

鎌倉市は、2018年7月11日~13日の日程でパリで開催された「Fab City Summit」において、「Fab City宣言」を実施した。

photo

Fab City宣言は、FabLab活動の世界的なネットワークに参加することの意思表示。バルセロナやパリ、アムステルダムなどこれまでに世界12カ国、18都市が実施しているが、日本では同市が初めてとなる。

FabLabとは、3Dプリンターや3Dスキャナー、レーザーカッターなどのデジタル機器をはじめとする工作ツールを備えた、市民が発明を起こすことを目的とした地域工房の名称だ。

photo

同市が行ったFab City宣言では、同市の地域資源ともいえる人材やコミュニティの力で、地域の課題を地域で解決する共創の仕組みを作っていきたいと考えており、ファブシティネットワークに参加することで、さらにこの仕組を充実させ、その成果を共有することでメンバーの一員として貢献したいとの意向を表明し、次のような活動を行うことを宣言した:

  • ファブカンファレンスでの宣言の内容と今後の進め方についてのプレスリリースの実施
  • 鎌倉市の既存の戦略とFab City構想との関連づけ
  • 都市間での共通の基盤(Fab Cityダッシュボード)が整備されるよう、同市の指標に関するデータの提供
  • 市内でFab Cityのビジョンと関連する戦略を実践する地域の設定
  • Fab Cityのビジョンに関連するプログラムの開発や、活動、イベント、プロジェクトを市内で展開する上での地域コミュニティの支援
  • Fab Cityサミットなどの世界会議やオンラインネットワークへの参加、および積極的情報交換によるFab Cityネットワーク参加都市と連携

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る