新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Darma Tech Labs、「MBC試作ファンド」を20億円超でクローズ

TAG

試作 資金調達 アクセラレータ

Darma Tech Labsは、ジェネラルパートナーとして管理する「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合(MBC試作ファンド)」の組合組成を完了したことを発表した。

2017年7月に立ち上げたMBC試作ファンドには、複数の事業会社と金融機関などがリミテッドパートナーとして参画し、ファンドサイズは目標額を超える総額20億円強となった。

これまでDarma Tech Labsは一般社団法人京都試作ネットと協力し、IoTやハードウェアスタートアップの試作を支援する「Makers Boot Camp」を運営してきたが、今後は連携する拠点を全国に広げ、世界に向けた試作エコシステムの構築を目指す。

具体的には、浜松信用金庫のMBC試作ファンドへのLP参加をきっかけとした浜松のものづくり企業との連携推進や、震災復興に取り組む岩手の企業と組込ソフトや精密機械の技術を活かした試作開発を進める。浜松、岩手を足がかりとし、連携するものづくり拠点を日本全国に広げ、日本を試作の一大拠点とする世界へ向けた試作エコシステム作りを目指すとしている。

同時に、ハードウェアスタートアップがものづくりをおこなう上で直面する「資金調達」「試作支援」「生産支援」「部品調達」といった一連の課題を解決するため、新たに「MBCサプライネットワーク」を構築することを発表した。MBCサプライネットワークは、スタートアップ支援に特化したサプライチェーンで、スタートアップ向けの部品/素材の調達ネットワークを構築し、少量生産のため部品や素材の調達に苦労するスタートアップを支援するのが狙い。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る