新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでFAを——産業機器向けI/Oインターフェースボード「Mega-IO Industrial」

Raspberry Pi用産業向けI/Oインターフェースボード「Mega-IO Industrial」がKickstarterに登場した。

Mega-IO Industrialは、以前fabcrossで紹介したRaspberry Pi用I/Oインターフェースボード「Mega-IO」の産業向けバージョン。Mega-IOは、ホームオートメーション向けに作られており、冷暖房などをオン/オフするパワーリレー8個、温度、人感、セキュリティセンサーなどを接続するアナログ入力8チャネル、アナログ出力、フォトカプラー絶縁入力8点、オープンコレクタ出力4点備えるパワフルなボードだ。

photo

Mega-IO Industrialでは、パワーリレーを4個に減らし、替わりに産業用として広く使われているRS-485、1-Wire、CAN(Controller Area Network)インターフェースを備えている。いずれも、2線式、半二重、マルチドロップ(マルチポイント)の通信方式だ。なかでもCANは、元々は自動車内部の電子制御装置間の通信用に作られたものだが、産業機器の情報転送用として普及しており、工場、工作機械、ロボットなどでも利用されている。その他にも、Mega-IO Industrialは、アナログ入力、フォトカプラー絶縁デジタル入力、フォトカプラー電流入力、アナログ出力、フォトカプラー絶縁デジタル出力およびフォトカプラー絶縁オープンドレイン出力をそれぞれ4つ備えている。Mega-IO Industrialは、Raspberry Piのファクトリーオートメーションへの応用を可能にする拡張ボードといえそうだ。

photo

Mega-IO Industrialは今なら40%オフの60ドル(約7000円)で入手できる。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は6ドル(約700円)だ。Mega-IO Industrialは2018年8月20日までクラウドファンディングを実施。2018年7月23日時点で目標の1万5000ドル(約170万円)に対して、約4800ドル(約53万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  3. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  4. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  5. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  6. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  7. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  8. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る