新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでFAを——産業機器向けI/Oインターフェースボード「Mega-IO Industrial」

Raspberry Pi用産業向けI/Oインターフェースボード「Mega-IO Industrial」がKickstarterに登場した。

Mega-IO Industrialは、以前fabcrossで紹介したRaspberry Pi用I/Oインターフェースボード「Mega-IO」の産業向けバージョン。Mega-IOは、ホームオートメーション向けに作られており、冷暖房などをオン/オフするパワーリレー8個、温度、人感、セキュリティセンサーなどを接続するアナログ入力8チャネル、アナログ出力、フォトカプラー絶縁入力8点、オープンコレクタ出力4点備えるパワフルなボードだ。

photo

Mega-IO Industrialでは、パワーリレーを4個に減らし、替わりに産業用として広く使われているRS-485、1-Wire、CAN(Controller Area Network)インターフェースを備えている。いずれも、2線式、半二重、マルチドロップ(マルチポイント)の通信方式だ。なかでもCANは、元々は自動車内部の電子制御装置間の通信用に作られたものだが、産業機器の情報転送用として普及しており、工場、工作機械、ロボットなどでも利用されている。その他にも、Mega-IO Industrialは、アナログ入力、フォトカプラー絶縁デジタル入力、フォトカプラー電流入力、アナログ出力、フォトカプラー絶縁デジタル出力およびフォトカプラー絶縁オープンドレイン出力をそれぞれ4つ備えている。Mega-IO Industrialは、Raspberry Piのファクトリーオートメーションへの応用を可能にする拡張ボードといえそうだ。

photo

Mega-IO Industrialは今なら40%オフの60ドル(約7000円)で入手できる。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は6ドル(約700円)だ。Mega-IO Industrialは2018年8月20日までクラウドファンディングを実施。2018年7月23日時点で目標の1万5000ドル(約170万円)に対して、約4800ドル(約53万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る