新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Raspberry Pi 3 B/B+」の能力を最大限に引き出すヒートシンク一体型ケース

「Raspberry Pi 3 Model B/B+」の能力を最大限に引き出すヒートシンク一体型ケースがKickstarterに登場した。

photo

クロック周波数の高いRaspberry Pi 3 Model B/B+(Model Bは最高1.2GHz、Model B+は最高1.4GHzで動作する)には、CPUの温度上昇を抑えるサーマルスロットリング機能がある。この機能は、CPUの温度が80℃を越えるとクロック周波数をゆっくりと下げ、85℃以上になると600MHzまで低下する。制限温度はtemp_limitパラメーターで変更することができる。

サーマルスロットリング機能はCPUの過熱と熱暴走を防いでいるが、当然処理は遅くなる。Raspberry Pi 3 Model B/B+の処理能力を最大限に引き出すためにはSoC(BCM2837)を冷却することが必要だ。

photo

このケースはRaspberry Pi 3 Model B/B+専用にデザインされており、発熱の大きいSoCとUSB/LANチップの熱を拡散させるヒートシンクの役割を果たす。

photo

クリエイターによれば、このケースを使った場合、4Kビデオを数時間連続再生するなど、Raspberry Pi 3 Model B/B+の処理能力を100%発揮してもCPUの温度は65℃を越えないという。サーマルスロットリング機能が働かないので、最大パフォーマンスでRaspberry Pi 3 Model B/B+を使うことができる。

photo

ケースはアルミニウム製で、デザイン性も重視されている。表面を傷や腐食から保護するアルマイト加工が施され、色も無塗装の他に黒と赤が用意されている。

photo

エンクロージャーの価格は、65ドル(約7300円)、無塗装、黒、赤の3色のセットは165ドル(約1万8000円)。出荷は2018年9月の予定だが、出荷先は米国内に限られている。

photo

このプロジェクトは5000ドル(約56万円)を目標に、2018年8月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る