新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoで電気/電子の基礎を学ぶ——インプレスR&D、「マイコンボードで学ぶ楽しい電子工作」発刊へ

インプレスR&Dは「マイコンボードで学ぶ楽しい電子工作」を2018年8月10日に発刊する予定だ。

本書では素材としてArduinoを使用し、電子工作初心者に向けて「こう組み立てればよい」だけでなく「なぜこう結線するのか」まで踏み込み、電気/電子の基礎知識を学べるように考慮された一冊だ。

全15章構成。前半の基礎編(7章)では電子工作から電源やデジタル信号、スイッチ、トランジスタやArduinoなどの基本について触れる。 また、後半の実践編(8章)ではLEDの点灯や非同期イベントの処理、モーターの制御などについて詳述する。

著者は榊正憲氏。B5判292ページ、価格は電子書籍版が1600円、印刷書籍版が2400円(各税別)だ。

【基礎編】Arduinoとはどんなマイコンボードなのか?

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る