新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブレッドボード対応小型Arduino——32ビットArduino互換ボード「Exen Proto」

コインサイズの32ビットArduino互換ボード「Exen Proto」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

Exen Protoは、256KBのROMと32KBのRAMを内蔵し、48MHzで動作するマイクロコントローラー「Cortex M0+ SAMD21」を搭載した開発ボード。Arduino Zeroブートローダーを搭載しており、Arduino IDEによる開発が可能だ。

photo

基板サイズは14.9×29.8×4.4mm、重さ0.95gと小型軽量。デジタルI/Oピン×20を備え、PWM×19、ADC(アナログ)×11、シリアル(RX/TX)×2、SPI(MOSI/MISO/SCK)×3、外部割込み×19、I2C(SDA/SCL)×5、リセット×1が割り当てられている。ヘッダーのピッチはブレッドボードに対応した2.54mmになっている。

photo

Exen Protoの特徴として、入力電源は3.3~20V、3.3V、Micro USBポート(5V)に対応していることだ。プログラミングはMicro USBポートかSWDヘッダーを使う。またパワーLEDに加えてチェック用にプログラマブルLEDを備えており、プログラミングのコードステータスやエラーの表示、コードループが完了したら点滅するなどの使い方ができる。

photo

Exen Protoの予定小売り価格は12ポンド(約1730円)で、今なら数量限定の早割価格8ポンド(約1150円)で入手できる。また現在、無料でピンヘッダーのはんだ付けのサービスも提供している。2018年9月の出荷を予定しており、日本への送料は4ポンド(約576円)だ。

Exen ProtoはIndiegogoにて、2018年8月20日までクラウドファンディングを実施中。8月7日時点で、1000ポンド(約14万4000円)の目標額を上回る約1300ポンド(約18万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る