新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブレッドボード対応小型Arduino——32ビットArduino互換ボード「Exen Proto」

コインサイズの32ビットArduino互換ボード「Exen Proto」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

Exen Protoは、256KBのROMと32KBのRAMを内蔵し、48MHzで動作するマイクロコントローラー「Cortex M0+ SAMD21」を搭載した開発ボード。Arduino Zeroブートローダーを搭載しており、Arduino IDEによる開発が可能だ。

photo

基板サイズは14.9×29.8×4.4mm、重さ0.95gと小型軽量。デジタルI/Oピン×20を備え、PWM×19、ADC(アナログ)×11、シリアル(RX/TX)×2、SPI(MOSI/MISO/SCK)×3、外部割込み×19、I2C(SDA/SCL)×5、リセット×1が割り当てられている。ヘッダーのピッチはブレッドボードに対応した2.54mmになっている。

photo

Exen Protoの特徴として、入力電源は3.3~20V、3.3V、Micro USBポート(5V)に対応していることだ。プログラミングはMicro USBポートかSWDヘッダーを使う。またパワーLEDに加えてチェック用にプログラマブルLEDを備えており、プログラミングのコードステータスやエラーの表示、コードループが完了したら点滅するなどの使い方ができる。

photo

Exen Protoの予定小売り価格は12ポンド(約1730円)で、今なら数量限定の早割価格8ポンド(約1150円)で入手できる。また現在、無料でピンヘッダーのはんだ付けのサービスも提供している。2018年9月の出荷を予定しており、日本への送料は4ポンド(約576円)だ。

Exen ProtoはIndiegogoにて、2018年8月20日までクラウドファンディングを実施中。8月7日時点で、1000ポンド(約14万4000円)の目標額を上回る約1300ポンド(約18万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る