新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アリオン、LoRaWAN認定対応全地域を対象とした認証プログラムを開始

第三者検証ソリューションを提供するアリオンは、アリオン台湾ラボがLoRa AllianceからAuthorized Test House(第三者認証試験機関)として認定されたことを受け、ヨーロッパ、米国、韓国、日本を含むアジア10カ国のLoRaWAN認定対応全地域を対象とした認証プログラムを開始した。

対応している認証地域および周波数帯は、ヨーロッパがEU 863~870MHz、北米(アメリカおよびカナダ)がUS 902~928MHz、アジア10カ国(日本含む)がAS 923MHz、韓国がKR 920~923MHzとなる。

同社では、LoRaWAN認証プログラムに加えて、IoT関連の総合検証やデバッグ支援サービスを提供することで、顧客の製品が持つ潜在的な課題を製品発売前に速やかに解決するための支援を行うという。また、LoRaWAN認定の第三者認証試験機関となったことで、LoRaWAN関連の技術を搭載したさまざまな製品に対する性能試験や信頼性試験などを通じて製品品質の向上を支援している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る